断食ダイエットは本当に効果があるの? 正しいやり方で痩せて結果を出す

ひと言で「断食ダイエット」と言っても、「半日断食ダイエット」や「一日断食ダイエット」、そして「断食ダイエット」といくつかの方法がありあます。

今回は、そのうちの「断食ダイエット」について、探ってみましょう。

Sponsored Links

断食ダイエットとは?

断食ダイエット
「断食ダイエット」とは、「半日断食ダイエット」や「一日断食ダイエット」に比べて、日数が長いので、ハードな断食になりますが、その分、効果の現れ方は顕著です。

基本的に、週休二日制の前日から、その休み二日間を使って、まるまる二日間で断食を行います。ですから、何も予定の無い、自宅でゆっくり出来る二日間を選ぶ必要があります。

正しいやり方

では、そのようにちょっとハードな「断食ダイエット」は、どのように行えばよいでしょうか?

週末の土曜日、日曜日を使ったを挙げてみましょう。

金曜日の夕食
急に断食を始めてしまうと、胃腸がびっくりしてしまいます。そのため、金曜日の夜から準備に入ります。夕食は、いつもより軽めにしましょう。脂っこい物や消化の悪い物は、なるべく避けましょう。夕食後からは、水分以外は何も摂らないようにしましょう。

土曜日
この日の朝食から、断食の始まりです。とにかく、一日を通して固形物を摂らないようにしましょう。ただし、水分は充分に摂ります。日ごろ、食べ物から摂れている水分を、断食により摂れなくなるので、最低でも500mlできれば2ℓの水分補給は必要です。この場合の水分は、「なま水」が最適ですが、「お水だけ、そんなにたくさん飲めない~」という方は、野菜ジュースや100%果実ジュース、ノンカロリーのスポーツ飲料や炭酸水でも構いません。また、酵素ドリンクもおススメです。甘みがあって空腹感を紛らわせることが出来ますし、アミノ酸が多量に含まれているので、代謝機能のサポートにもつながります。さらには、朝、昼、晩と100g程度ならヨーグルトを食べても大丈夫です。

日曜日
土曜日と同様、水分のみを摂ります。この二日目の症状は、人によって様々です。空腹感のピークを過ぎて、空腹感を感じなくなってしまう人もいれば、かえって空腹感にさいなまされてしまう人もいます。ここが踏ん張りどころですので、頑張りましょう。出来れば、夕食まで水分だけで過ごしたいですが、翌日から仕事など活動しなければならない人は、夕食に、ご飯茶わんに軽く一杯のお粥と具なしのみそ汁を飲んで、断食終了に向かいます。明日から活発に動かなくてはならない人は、鉄分の不足で貧血を起こすといけないので、この時に鉄剤などで、鉄分補給をしておきましょう。

月曜日
この日の朝食は、ヨーグルトとバナナ、温泉卵などの消化の良い物を摂りましょう。炭水化物も必要ですので、お粥も摂ります。ただ、たくさん摂るとリバウンドのリスクが高くなるので、あくまでも量は抑えてください。
この日の昼食は、炭水化物を控えたものにしましょう。他はいつも通りで良いですが、この二日間で胃の大きさが小さくなり、以前ほど量が入らなくなっているはずです。その量の八分目を心掛けます。

効果

断食を48時間以上、続けることによって、減量以外にも様々な効果が見られます。

デトックス効果
胃腸の中に何も食べ物が無い状態になると、胃腸は「空調時強収縮」という運動をし、胃腸の中の掃除を始めるので、デトックス効果が期待できます。

自律神経のリセット
空腹感は、自律神経に刺激を与えてくれます。疲れ切った自律神経のリセットが出来ます。

精神面の鍛錬
今までは、お腹が空いたと思ったら、何かを口にしていたのですが、この二日間で、その食欲を我慢する精神力が培われます。そして以外にも、この食欲を抑える、という行為が、精神力の鍛錬にもつながります。

Sponsored Links

リバウンドリスクはあるの?

48時間、体内に食べ物を淹れない状態から、急に食べる状態に戻してしまうと、飢餓状態に陥った身体が過剰反応して、余計に脂肪を溜め込もうとします。

ですから、この点さえ気を付ければ、リバウンドのリスクを回避できます。断食を終えた後の食事内容に注意を払いましょう。

まとめ

効果 断食ダイエット
「断食ダイエット」をする際の、いちばんの注意点は、「48時間、何も食べないで耐えられるか」という点です。食べ物を口にしないことで、空腹感が増長され、途中であきらめて食べてしまうことが、リバウンドのいちばん大きな原因になるからです。

ですから、「断食ダイエット」をしたいと思う方は、自分が48時間、絶対に固形物を口にしないという強い意志力が無いと、挑戦すべきではありません。

まずは、「半日断食ダイエット」や「一日断食ダイエット」で、胃腸や精神力を断食に慣らしていき、その後に、「断食ダイエット」にチャレンジすることをおススメします。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ