コレステロール値を下げる方法!高いとリスクあり原因と対策は?

コレステロール値が高いとさまざまな疾患になるリスクが高くなってしまいます。コレステロールが過剰に増えると「静かな殺し屋」と呼ばれる恐ろしい動脈硬化が進行してしまいます。

自覚症状もなく近づく動脈硬化にならないためにコレステロール値を下げましょう。

Sponsored Links

コレステロール値とは?

コレステロール値を下げる方法
コレステロールとは生きる上で絶対必要な「脂質」のことです。細胞膜を包む細胞膜の元になったり、心身の活力を高めてくれる「副腎皮質ホルモン」、脂肪の消化を助ける胆汁酸などもコレステロールから作られます。

コレステロールには悪玉と善玉があります。悪玉をLDL、善玉をHDLと呼びます。コレステロール値とは血液にあるLDLやHDLの値です。血液中のLDLコレステロールが多すぎる、HDLが少なすぎると異常な状態だということになります。

【脅威】高カロリー食事

高くなる原因

飲酒
アルコールを飲み過ぎると中性脂肪が増えて善玉のHDLが減ります。中性脂肪はLDLを増やす作用があります。お酒のおつまみもカロリーの高い物が多いので、コレステロールを増やす結果につながります。

食事
バターやマーガリンなど油分の多い食事のとり過ぎが原因になる事があります。同様にカロリーのとり過ぎや食べ過ぎもコレステロールをふやしてしまいます。

ストレス
ストレスが多いと「副腎皮質ホルモン」が分泌されます。「副腎皮質ホルモン」はコレステロールの原材料になるので、いつもストレスを感じている人はコレステロールを生成していることになります。

病気
代表的なものは糖尿病です。糖尿病によってインシュリンが正常に働かなくなり、脂質の代謝が悪くなってしまいます。すると中性脂肪が増えます。中性脂肪は悪玉菌のLDLを増やす作用があるのでLDLの値が増えるのです。

タバコ
タバコは中性脂肪を増やし善玉のHDLを減らす作用があります。ニコチンに原因があると言われています。

運動不足
運動不足により中性脂肪が増加するので悪玉菌LDLの増加につながります。

高くなる理由とリスクは?

LDLが血中で増えると血管の壁にコレステロールがたくさんたまっていきます。そして血管を詰まらせたり動脈硬化を進行させたりします。

動脈硬化が進行すると血管が硬くなり弾力性がなくなります。すると血液が十分流れなくなるので、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などを発症しやすくなります。

自覚症状はほとんどないので、気づいたときは重症化しているケースが多く十分注意が必要です。

Sponsored Links

下げる方法と対策

基本は食事療法と運動です。

コレステロールを上げる食品は、肉類(豚ロース肉、霜降り牛肉)、海老、卵黄、バター、スナック菓子、チョコレート、カップめんなどです。

一方コレステロールを下げる食品は青魚、大豆、オリーブオイル、リンゴやミカンなどの果物、キャベツやニンジ、大根などの野菜、わかめ、昆布などの海藻類です。

コレステロールを上げる食品はなるべく控えて、コレステロールを下げる食品を積極的にとりましょう。

体に負担が少なく毎日続けられそうな運動を行ないます。普段の生活の中で自然と運動をするようにこころがけると長続きします。

エレベーターやエスカレーターはなるべく使わずに階段を利用します。

通勤や買い物に行く際に、目的地までなるべく乗り物を使わずに歩くようにします。最寄りの駅までウォーキングすることで自然と運動量が増えます。

まとめ

下げる方法 コレステロール値
音もなく近づく殺人鬼「動脈硬化」。その原因がコレステロールなんてぞっとします。

しかもその犯人は自分の体内にいるなんて。怖い殺人鬼に襲われないためには、食生活の見直しや改善が必要ですね。そして運動もかかせません。

特別激しい運動は必要ありませんので、出来る範囲で運動をこころがけましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ