セサミン効果!副作用は大丈夫?正しい摂取方法で健康な体作り

「セサミン」という成分が身体に良い、と言われ始めてからだいぶ経ちます。

次々といろいろな効果を持つサプリメントがたくさん販売されるようになっている中、「セサミン」の今の位置付けはどうなっているのでしょうか?

もう一度、その効果と正しい摂取方法について、リサーチしてみましょう。

Sponsored Links

セサミンとは?

セサミン効果
「セサミン」とは、言わずと知れた「ゴマ」に含まれる成分です。ですから、「ゴマを毎日食べているから、わざわざサプリメントで取る必要なんか、無いんじゃない?」と思う人もいるかもしれませんが、実はゴマ1粒の中に含まれる「セサミン」の量は、1%前後と言われています。と言うことで、ゴマを100粒分摂ったとしても、その中の「セサミン」は1粒分しか無いことになります。

また、ゴマ自体、自身の硬い殻に覆われていて、ゴマをそのまま摂っても消化されずに体外に出されていまいますので、すりゴマにするなどの手間もかかります。

そこで活用したいのが、サプリメントです。これならば、毎日の献立の中にゴマを入れることを考えなくてもすみます。

効果

では、そこまでしても摂った方がよい「セサミン」には、どんな効果があるのでしょうか?

抗酸化作用があります
体内に常に発生していて、たくさん溜まってくると、身体の機能を損なう恐れのある「活性酸素」。「セサミン」には、この活性酸素を退治する作用があるのです。活性酸素が増えると、細胞が傷つけられてしまいます。そうすると、身体のあちこちに支障が出てきます。これを防止してくれる「セサミン」は、まさに身体の救世主と言えましょう。

肝臓を元気にしてくれます
「セサミン」に含まれる強い抗酸化作用には、肝臓の働きにも効きます。肝臓は、体内に取り込んだ糖質をグリコーゲンに変えて貯蔵すること、有毒物質の分解など、、身体にとって重要な役割を果たしていますが、その分、活性酸素も発生しやすくなっています。「セサミン」を摂ることにより、これらの肝臓の働きをサポートできるので、肝臓を健康にしてくれます。

二日酔い防止になります
「セサミン」が肝臓に働きかけて、肝臓を元気にしてくれると、アルコールを飲んだ際に発生する毒素のアセトアルデヒドの分解も素早くできるようになります。二日酔いの原因は、実はこのアセトアルデヒドなんです。「セサミン」の働きにより、これが体外に早く排出されることによって、二日酔いをしにくくなります。

悪玉コレステロールを軽減します
ゴマの中に含まれる「ゴマリグナン」という物質は「セサミン」の主成分になるものですが、この物質とビタミンEを一緒に摂ると、悪玉コレステロールを軽減する働きがあることが、最近の研究でわかってきました。悪玉コレステロールが、体内に増えてくると、動脈硬化や脳梗塞、さらには心筋梗塞などの生活習慣病を引き起こす原因となります。「セサミン」とビタミンEを一緒に摂ることで、これらの病気を防ぐことができるのは、素晴らしいことですね。

アンチエイジングにも効果があります
活性酸素が細胞に働きかけることで、細胞は衰えてしまいます。「セサミン」の抗酸化作用は、活性酸素を撃退するため、細胞の老化を押しとどめることができます。つまり、アンチエイジングに効果があると言えるのです。細胞が元気になると、肌の新陳代謝も活発に行われ、お肌の老廃物も取り除かれますので、美肌効果も期待できます。

副作用は大丈夫?

こんな、夢のような効果を持つ「セサミン」。すぐにでも摂りたいものですが、そういう場合副作用が心配になりますよね。

「セサミン」自体は、昔から食べられているゴマに含まれている成分ですので、副作用があった、という報告はありません。ゴマだけで、「セサミン」を過剰摂取しようとすることは、その含有量からみてもほとんど不可能ですし、サプリメントの場合は、きちんと一日の摂取量を守れば、問題になることは、何も無いでしょう。

Sponsored Links

正しい摂取方法

毎日の食卓で、ゴマを使用する際には、何も気にすることはありませんが、サプリメントとして摂る時には、就寝前に、規定の量を、お水やお湯で飲みましょう。

就寝中に「セサミン」がじっくり働いてくれて、快適な朝を迎えることができるでしょう。

まとめ

効果 セサミン
近年の研究により、ゴマの中に含まれる「セサミン」の効能がクローズアップされていますが、もともとゴマは、日本人の食卓に欠かせない食材でした。

わざわざ、ゴマをすりつぶすための「すり鉢」という道具もあり、科学的論拠は無くても、日々の生活の中で、ゴマの必要性を感じていた「いにしえの日本人」には、頭が下がります。

今回「セサミン」の重要性は、十分に理解することが出来ましたので、今後も積極的に「ゴマのある生活」を送って行きましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ