ヨーグルトダイエットの断食は本当に効果があるの? 正しいやり方!

「ヨーグルト」がダイエットに効果的なことは、周知の事実ですよね。そして、「断食」。それも本格的な断食では無く、月に1度くらいのプチ断食も、デトックスに効果あり、ということで注目されていますが、そのふたつが合わさった「ヨーグルトダイエット断食」って、何ですか?

「ヨーグルトを食べるの?食べないの?」という素朴な疑問がわきますよね。

今回は、その「ヨーグルトダイエット断食」を徹底リサーチしてみましょう。

Sponsored Links

ヨーグルトダイエット断食とは?

ヨーグルトダイエット断食
「ヨーグルトダイエット断食」とは、簡単に言うと、「断食の時に、ヨーグルトを食べる」ということです。「断食」と言っても、その期間、まったく何も口にしない、という訳ではありません。

食事の際、固形物を摂らず、お茶や野菜ジュースなどで過ごすのですが、さすがにそれでは身体が持たないので、その時にヨーグルトを摂ろうというのが、「ヨーグルトダイエット断食」なのです。

正しいやり方

「固形物の摂取を控えて、消化管から固形物を除く」というのが、断食の目的ですが、やり方を間違ってしまうと、逆効果になり兼ねません。正しいやり方を覚えましょう。

★断食の回数は、月に1回でも、2週に1回でも、自分にあったペースで行います。ただし、断食の日数は、毎回2日間と決まっています。

★もしできるなら、断食を始める前日の夕食は、軽めか、腹八分目までに抑えておきましょう。

  • 1日目 三食ともヨーグルト100gと豆乳か100%野菜ジュース200ml~400ml
  • 2日目の朝食と昼食 上記と全く一緒
  • 2日目の夕食は、おかゆ茶碗1杯と具なしみそ汁茶碗1杯を摂ります。
  • 3日目の朝食は、普通食に戻してもよいですが、今まで空っぽ状態だった胃腸に急に固形物をたくさん入れると、胃腸がびっくりしてしまいますし、断食の効果も薄れてしまいます。出来ればこの時まで、おかゆと具が少なめのみそ汁にしましょう。

空腹感は、水分で紛らわせます。お茶や紅茶など、できれば1日2リットルを目標に飲んでください。炭酸水は、お腹を膨らませる効果もあるのでおススメです。ただし、この炭酸水は、甘いサイダー類では無く、お酒を割る時に使う無糖の炭酸水ですので、気を付けてください。

効果

固形物を摂らないという2日間の「ヨーグルトダイエット断食」をすると、だいたい2kg前後の体重を落とすことができます。さらに、この2日間の断食のおかげで、胃が小さくなり、その後の食事の量が減っていきます。

また、ヨーグルトを続けて摂るということで、腸内環境が改善されます。腸内環境の改善は、便秘の解消や宿便の排出にも効果が出てきます。

さらには、空腹感が自律神経を刺激するので、基礎代謝がアップし、脂肪燃焼の手助けにもなります。代謝が良くなることで、肌トラブルなどの解消にもつながります。

Sponsored Links

リバウンドリスクはあるの?

「ヨーグルトダイエット断食」をした直後は体重が減少していますが、その後に、断食をする以前のペースの食生活に戻ってしまうと、リバウンドは必ず起こるでしょう。

せっかく胃も小さくなったのですから、その大きさにあった食事をしてくことで、リバウンドは防げます。

また、定期的に「ヨーグルトダイエット断食」を行うことで、身体の状態が常に良いレベルに維持されるので、リバウンドリスクは断然減っていくことになるでしょう。

デトックスされた状態を維持することが、リバウンドを回避するいちばんの方法となります。

まとめ

断食 ヨーグルトダイエット
実際、「ヨーグルトダイエット断食」をされた方のブログなどを見てみると、1日目の夜に空腹感のピークが来るようです。ここを乗り切ると、ひどい空腹感を感じることが少なくなってくるようですので、ここがポイントでしょう。

日頃、運動をしない方でも、この「ヨーグルトダイエット断食」で身体が軽くなると、「ちょっと動いてみようかな?」なんていう気も起きるのではないでしょうか?そうなると筋肉も鍛えられて、まさに一石二鳥の効果を発揮することもあるかもしれません。

まずは「身体のおそうじ」のための「ヨーグルトダイエット断食」をしてみませんか?

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ