ココナッツオイル効果は?おすすめ摂取方法で健康な体作り!

最近人気沸騰中のココナッツオイル。お店によっては品薄で入荷待ちというところもあるほどです。

ココナッツオイルの人気はその健康効果にあります。ココナッツオイルのおすすめ摂取方法を知って、健康な体作りに役立てましょう。

Sponsored Links

ココナッツオイルとは?

ココナッツオイル効果
ココナッツオイルはココヤシという果実(ココナッツ)の種子にあたる部分を圧搾し、精製したオイルのことです。精製方法によって、ココナッツオイルとヴァージンココナッツオイルに分けられます。

高温精製や漂白工程をしているため、良い香りが消えてしまっているのがココナッツオイルです。ヴァージンココナッツオイルは無精製、無添加で甘く良い香りがします。

ヴァージンココナッツオイル そのまま食べて紹介してみた

最近人気の理由は?

人気の理由は美容と健康効果にあります。ココナッツオイルにはヤシ科の天然成分「中鎖脂肪酸」が含まれています。「中鎖脂肪酸」は、すばやく吸収されて、効率よく分解され、エネルギーになります。

そのため、体に蓄積することがないので、脂肪がつきにくいという利点があります。また脂肪の燃焼もサポートしてくれるのでダイエット効果抜群なのです。

そしてアンチエイジングに効果のあるビタミンEが豊富なので、髪の毛や肌につけることで髪やお肌の老化防止に役立ちます。

さらっとしたつけ心地でお肌にすぐ浸透します。細胞の機能を活発にして、新しい細胞へお肌が生まれ変わり、美肌になっていきます。保湿効果も高くスキンケアに最適です。

効果

ダイエット効果や美肌効果にとどまらず、ココナッツオイルにはまだまだ優れた効果がたくさんあります。

①デトックス効果
オイルが体にたまってしまった便を排出して、腸の動きをよくしてくれるので便秘解消に役立ちます。

②冷え性改善
ココナッツオイルを2週間継続して使ったところ、冷え性が75パーセントも改善されたというデータがあります。

③免疫アップ
ココナッツオイルには母乳と同じ成分のラウンリン酸が豊富に含まれています。赤ちゃんが母乳を飲んで免疫力を高めるのと同様に、ラウンリン酸は体の免疫力をアップさせてくれます。

それ以外にも、アルツハイマー予防、甲状腺機能正常化、がん予防と大活躍してくれます。

Sponsored Links

おすすめ摂取方法

一日大さじ 3杯から4杯を食事や飲み物に入れてとります。適量は個人差があるのでコーヒースプーン一杯ぐらいから始めて、様子をみます。場合によってはお腹が緩くなってしまう人もいるので、そのときは量を減らします。便秘の人は寝る前に飲み物に入れて取ると効果的です。

朝、バターの代わりにパンに塗るとあっさりしたおいしさが楽しめます。もっと甘いのがお好みの人は、はちみつと混ぜて塗ると、甘さ+栄養価がアップしたトーストが味わえます。

さらに、パンに卵+牛乳+砂糖を加えてココナッツオイルで焼くと、おいしいフレンチトーストができあがります。

炒め物に使っても違和感がありません。ホウレンソウやニンジンのバター炒めなどの、バターでいためる料理をココナッツオイルに変えてみると、あっさりとした味わいになる上にカロリーを減らせます。

まとめ

効果 ココナッツオイル
ココナッツオイルはまさに魔法のオイル、奇跡のオイルだと実感します。副作用もないので安心して使えます。ただ、いくら健康に良いからと言っても過剰な摂取はよくありません。

一日大さじ4杯ぐらいが目安です。毎日たくさん食べていたら、やがてあきてしまうかもしれません。

それより毎日パンに塗ったり、コーヒーに入れたりして、おいしさを味わいながら続けて行くほうがずっと効果があります。楽しみながら、健康に良いことを続けて行きましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ