太るお酒と太らないお酒の違いは?ダイエット中に注意する事はコレ!

今年は早くも、「夏日」のオンパレードが続いています。営業で外回りをした時、いえいえ、オフィス内にずっといても、「あ~、こんな日は、キューっと冷えたビール、飲みたいなぁ~」と思ってしまいますよね。

でもでも、ちょっと待ってください。ビールを筆頭に、アルコール類を飲むと太ってしまうんじゃなかったですか?

「ええっ~」とダイエット中のあなた、肩を落とさないでください。ちゃんと気をつければ、ダイエットに影響しない飲み方もありますよ。要チェック!

Sponsored Links

お酒にはいろいろな種類がある

太るお酒と太らないお酒
まずそのためには、「お酒」のことを詳しく知らないといけません。「お酒」とは「アルコール」が入った飲み物のことですが、その製造過程で3種類に分けられます。

醸造酒
穀類や果実などの原料を発酵させて作るお酒。清酒・ビール・ワイン・シャンパンなど。

蒸留酒
アルコール発酵液を蒸留して作るお酒。ウイスキー・ブランデー・ウォッカ・焼酎など。

混成酒
つくられたお酒に、糖分や果実などを入れて作ったお酒。梅酒・果実酒・薬酒など。

飲み会で、最初にビールで乾杯して、途中から焼酎になって、最後に締めに梅酒を飲むと、全種類を網羅したことになりますが、では、そんなにいろいろ飲んだお酒のどれが肥満につながるものなのでしょうか?

太るお酒

私たちの中には「飲酒」➡「太る」の原因は、「アルコール」と思っている方がいるでしょうが、「アルコール」は「エンプティ・カロリー」とも言われ、これ自体が肥満につながるものではありません。

ただ「アルコール」には「脂肪の代謝を抑制する働き」があるので、体脂肪が減りにくくなるのです。そして、その原料に含まれるカロリーが問題となるのです。

一般的に度数が高いほど、そのカロリーは高くなるので、要注意です。では、具体的に、種類を挙げていきましょう。

ビール
お腹がポッコリ出た人が「いや~、ビール腹なんですよね」などと言うのをよく聞きますが、まさにその通りです。ビールには、糖質・タンパク質も含まれており、カロリーが高くなっています。でも最近では、「糖質ゼロ」や「カロリーオフ」の製品もたくさん販売されていますので、この汚名は少し返上できるでしょうが、居酒屋ではまだ、そのような製品は飲めないので、注意が必要です。また、あの「泡」の炭酸ガスや苦みのあるホップ成分には「食用増進効果」があると言われています。無くてもいい、効果ですね~

日本酒
口当たりのいい日本酒ですが、実はお酒の中でも糖質の量が最も多いのです。飲み過ぎは厳禁です。

ワイン
ワインも日本酒と同様、糖質の量が多く、甘口のワインは、辛口のワインの10倍の量の糖質が含まれていると言われています。

梅酒・カクテル・チューハイ
果汁やシロップが加えてあると、当然カロリーは高くなります。

太らないお酒

上にも書きましたが、「アルコール」は「脂肪の代謝を抑制する働き」を持つので、アルコールを飲んで、「太らない」ことはありません。

ただ、これから紹介するお酒は、ビールなどに比べると糖質の量が少ないので、太りにくくなるだけ、ということを覚えておいてください。

焼酎
糖質などが含まれていないため、ビールなどよりは太りにくいです。

ウイスキー・ブランデー
焼酎と同様、糖質が含まれていません。また、ウイスキーやブランデーの香りには、脂肪代謝を促すホルモンを増やす働きがあると言われています。更にビールのような食欲増進効果は無いと言われています。そういえば、ウイスキー飲みながら、バリバリ食べている人って、あまり見かけませんよね。

太らない飲み方

「脂肪の代謝を抑制する働き」があると聞いても、飲みたくなるお酒。では、どんな工夫をすれば、太らない飲み方になるのでしょうか。

大量に飲まない
どんなものでもそうですが、「大量」はいけません。特にお酒の場合は、大量に飲むと、意識を失ったり、急性アルコール中毒を引き起こしたりしますので、肥満以前の問題として、意識しておきましょう。

割って飲む
水やお湯で割って飲むことが出来るお酒は、割ることをお勧めします。特に焼酎のお湯割りは、少しずつしか飲めなくなるので、飲み過ぎも抑えることができます。ただし、割るものに注意を。炭酸水やコーラ、果実酒などで割るとカロリーが高くなります。

食事の摂り方にも気を付ける
お酒が進むと、脂っこい物が欲しくなったり、お酒の後にラーメンを食べたりすることはありませんか?これは、何よりも厳禁です。肥満どころか、糖尿病などの成人病を引き起こす危険性も出てきます。アルコールを解毒する作用を持つ、タンパク質が豊富な食品を摂りましょう。

Sponsored Links

ダイエット中に注意する事!

せっかく時間をかけて減らしてきた体重が、一晩の飲み会でパァー、なんてことにならないように、ダイエット中は次のことに気をつけて、飲み会に行きましょう。

  • 飲み会に行く前に、コップ一杯の牛乳などの乳製品を摂っておきましょう。空腹感も治まり、またアルコールを吸収しにくくなりますので、悪酔い、深酔いが無くなります。
  • ビールは乾杯の時だけにしましょう。あとは、焼酎を氷水で割るなどして、ちびちび飲みましょう。
  • 一緒に摂る食事は、なるべく油ものは避け、豆腐、枝豆などタンパク質が豊富なものを摂りましょう。
  • 当然のことながら、飲み会の後のラーメン、お寿司等は、厳禁です。

まとめ

太らないお酒と太るお酒
「お酒」を飲むことは、大なり小なり「太る」原因となりますが、一方、飲み会などでみんなで一緒に楽しく飲み食いすることは、身体の代謝を活発にしてくれます。

「お酒」の種類や飲み方を工夫し、つまみにも気をつけながら、みんなといっぱいおしゃべりし、いっぱい笑うと、うまくすると体脂肪、減るかもしれませんよ♫

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ