夜の食欲を抑える方法は?太る原因を理解して克服する!

夜になるとなぜか不思議とラーメンやケーキが食べたくなる!

そんな経験はありませんか?どうして夜になると食欲が増すのでしょうか?その理由と効率の良い食べ方を探ってみました。

Sponsored Links

夜に食欲が増す理由

夜食欲
私たちの体内には体内時計があって、朝、目が自然と覚めるのも、お腹がすくのもその体内時計の指示に従っています。

朝は食欲が低下し、夜には高カロリーのものをたっぷりたべるという仕組みになっています。これは人間の長い間の進化の過程と関係があります。

飢餓状態にあった祖先が、食料がある時に体内に蓄えておこうとした自然の仕組みなのです。つまり、夜寝るという絶食状態に備えて効率よく体内に栄養を蓄えておこうという体の生体システムとも言えます。

男子短大生の日常~夜食~
夜食べ過ぎると太るの?

私たちの体内時計を調節しているたんぱく質があるのですが、これが深夜に一番多く分泌されます。このたんぱく質は脂肪をためこむという性質を持っていて、肥満遺伝子とも呼ばれています。

だいたい午後10時ごろから増え始め深夜3時ごろがピークになります。この時間帯に過剰な食事をするとこのたんぱく質の働きにより脂肪が蓄積されてしまいます。

また、夜食べ過ぎると、睡眠の質が落ちて熟睡できなくなります。寝ている間も胃腸は消化活動を活発にするので、眠りが浅くなったり、目が覚めやすくなったりして睡眠不足になります。

睡眠不足になると食欲を抑えるホルモンが不足して食欲増進ホルモンが増えてしまいます。さらには、胃腸が休まらなかったため基礎代謝もわるくなり、太りやすくなるともいわれています。

夜の食欲を抑える方法

午後3時から4時の間に、一度軽いおやつを食べることです。おやつを取らないとお昼から夕方までの間何も食べてないので、夕飯直前は軽い飢餓状態になっています。するとまた生体リズムが働き一挙に栄養を蓄えようと無茶食いしてしまうことになります。

ただし、夕飯のことを考えて、高カロリーのスナックやお菓子の間食はやめましょう。あくまでも軽い間食をすることです。夜にどうしてもお腹がすいたらどうしたらいいのでしょうか?

夜にお菓子やカロリーの高い物をたっぷり食べてしまうと、そのまま脂肪になって身についてしまうかもしれません。どうしてもお腹がすいたら果物を食べましょう。ビタミンミネラルが多く含まれていて、甘さもたっぷりあります。甘い物を食べたい欲求をかなえてくれるので空腹な時は果物をおすすめします。

Sponsored Links

効率の良い食べ方はあるの?

効率よく食べられ、しかも食べ過ぎない方法があります。人は「おいしい」という満足感が得られないと、カロリーをたくさんとったり、たくさん食べる事で満足感を得ようとします。

「おいしい」という満足感を取るためには「ながら食べ」や「早食い」をやめる事です。

おいしさを十分に味わいながら、ゆっくり食べる事で、必要以上のカロリーや量を取らずに満足できるのです。また、良くかんで食べることも大事です。良くかんでいると脳の満腹中枢が満足して、食べ過ぎを防ぐことができるのです。

まとめ

食欲夜
私たちの体には精巧な体内時計があり、食欲に関する重要な機能をしていることがわかりました。この体内リズムがずれてしまうと肥満だけでなく、不眠症になったり生活習慣病の原因になったりしてしまうのです。

体内時計を狂わせないためには規則正しい生活が大事だなとつくづく思いました。まず朝起きてカーテンを開ける事で体内時計がリセットされるのでそこからはじめます。

そして夜になったら暗くしてぐっすり眠ります。健康で長生きするためにも食生活や睡眠を規則正しくとりたいものです。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ