オルニチン効果!副作用は大丈夫?正しい摂取方法で健康な体作り

テレビで活躍中の某大御所アナウンサーが元気の秘訣として愛飲している、疲労回復に効くと話題の「オルニチン」。

生活習慣が不規則になりがちな、芸能界やテレビ業界でオルニチンが取り上げられるのは、オルニチンが疲労軽減と肝機能のサポートする効果があるからです。

疲れがとれない日本人の強い味方、人気のオルニチンのパワーの秘密を紐といていきましょう。

Sponsored Links

オルニチンとは?

オルニチン効果
オルニチンとは遊離アミノ酸と呼ばれ、体内をすみずみまで巡ってさまざまな栄養不足をサポートするアミノ酸の一種。

オルニチンをたくさん含む食品として代表的なのは「しじみ」。

二日酔いにはしじみの味噌汁が効く、と良く言われるのは、しじみに含まれるオルニチンに肝機能を助け、体内に入った有害物質の解毒や排出、アルコールの分解をスムーズに行えるように補助するからだと言われています。

冷凍しじみを使ったしじみ汁の作り方

効果

オルニチンの効果といえば、なんと言っても「肝機能の活性化と向上」。


肝臓は胃や腸で消化された食物を体内に吸収しやすい栄養分に変換し、全身に栄養分を送り出す器官です。

さらに、肝臓というとアルコールが思い浮かぶように、体内に入ってきたアルコール分や有害物質を分解、解毒する臓器でもあります。

オルニチンは肝臓内で解毒を促す働きがあるので、大量の飲酒や疲労物質が溜まってくると衰えてしまいがちな肝臓の機能をサポートし、アルコールや疲労物質の分解をスムーズに行えるようになるのです。

また、肝臓の解毒作用がアップすると、疲労によって溜まった老廃物なども排出されやすくなり、疲労回復も早まるので、オルニチンは働きすぎの日本人にとって、かかせない栄養素です。

オルニチンにはアルコールの分解を速める他にも、うれしい効果があります。それは「肌細胞の活性化」です。

オルニチンには成長ホルモン分泌を促進する働きがあり、成長ホルモンが分泌されると肌のコラーゲン量が増えたり、肌のターンオーバーが正しく行われるようになるため、女性にもうれしい美肌効果も望めるのです。

副作用は大丈夫?

オルニチンは本来人間の体内に自然に存在するアミノ酸の一種ですので、取りすぎによる副作用の心配はありません。

しかし、人によってはサプリメントなどで一日の摂取量を過度に超えてオルニチンを取りすぎると下痢を起こすという例もありますので、サプリメントでオルニチンを摂る場合は一回の摂取量をきちんと守って服用しましょう。

Sponsored Links

正しい摂取方法

オルニチンを多く含む食品はやはり「しじみ」です。

しじみ100gに対し含まれるオルニチンの量は15mg。成人の一日のオルニチン摂取の上限は約1000mg程度です。二日酔いの朝の定番しじみ汁での摂取量だと、摂り過ぎの心配もありませんので安心できます。

また、キハダマグロやチーズにもオルニチンは含まれていますので、毎日の食卓に上手に取り入れていきましょう。

慢性的な疲労の回復や美肌効果を期待して、毎日オルニチンを取りたい場合はオルニチン配合のサプリメントがおすすめです。

特に美肌効果を得たい場合は、就寝前にオルニチンの摂取すると、成長ホルモンや肌細胞が回復する睡眠との相乗効果を得られると言われているので、女性は夜寝る前にオルニチンを摂って効率よく美肌を手に入れたいですね。

まとめ

効果 オルニチン
オルニチンは現代人の生活で溜まりやすい疲労や飲み疲れの回復にぴったりの栄養素。しかも、大きな副作用はありませんので、毎日の健康のサポートに安心して取り入れやすいのも魅力です。

お酒の席が続いた日の朝にしじみの味噌汁が定番なのも、古くからオルニチンが疲労回復にかかせないアイテムとして日本人の生活に馴染んでいる証拠。

疲れがなかなか取れないアルコールの飲みすぎが心配な男性も、お肌の衰えを感じる女性もオルニチンのパワーで上手に疲労を回復し、健康的な毎日を過ごしましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ