お粥ダイエットは効果があるの? 食べて痩せる理想的なやり方!

幼い頃、熱が出たり、お腹を下したりした時に、お母さんがいつも作ってくれた「お粥」。梅干しをちょこっとのせ、ふうふう冷ましながら食べる「お粥」は、疲れた身体と心にジンワリ沁み渡ったものでした。

その「お粥」が何と、ダイエットに効果がある!?と聞けば、チャレンジしたくなりませんか?その効果の程を、リサーチしてみましょう。

Sponsored Links

お粥ダイエットとは?

お粥ダイエット効果
「お粥ダイエット」とは、その名の通り、「お粥」を食べるダイエットです。

どうして「お粥」を食べるとダイエットになるのかというと、ご飯茶わん1杯分の白米とカロリーを比べてみると、約半分になるからです。ですから、一日一食でも白米をお粥に替えると、だいたい100キロカロリーの減少になります。

さらにお粥に合うおかずというのは、白米の場合と比べて、比較的低カロリーのものだと思いませんか?

このように考えてみると、徐々に体脂肪、そして体重を減らすのに適したダイエットと言えます。

効果はあるの?

まず、一時期ブームになった「炭水化物ダイエット」について考えてみましょう。

「炭水化物ダイエット」とは、炭水化物と言われるあらゆる物、つまりご飯、パン、麺類、ケーキなどをいっさい口にしないダイエットです。

炭水化物は、いわば車のガソリンに当たるもので、身体のエネルギー源になるものですから、これを摂取しなければ、体内に蓄積されている脂肪を使って動くので、脂肪が減り、体重も落ちていきます。

でも最近、炭水化物を全く摂らない事で起こる弊害-筋肉が弱くなる、記憶力が落ちるなど-が取り沙汰され、このダイエット法が見直されるようになりました。

そこで注目を浴びるようになったのが「お粥ダイエット」です。ちゃんと炭水化物は取れるし、白米をお茶碗半分の量で食べるのと、お粥をお茶碗一杯食べるのとカロリーは同じですので、満腹感も得られます。特に「炭水化物好き」いわれる人には、ツラくなくダイエットが出来る方法となります。

ですから、結果、「効果はある」と言えますが、むやみやたらにお粥だけ食べればよいかというと、そうでもないので、適切なやり方が必要になります。

やり方

いちばん効果がみられるやり方は、3食とも主食をお粥にする、というやり方ですが、これだと飽きてしまいますし、お粥に合うおかずは、あまり種類も多くないので、栄養の偏りも心配されます。

そこで、一日一食だけをお粥にしても、なおかつ効果のある摂り方は、「夕食の主食をお粥にする」という方法です。

「夕食を食べ過ぎない」というのは、ダイエットの基本中の基本ですが、ご飯などを食べない、あるいは少なめの軽めの夕食にしてしまうと、夜遅くになってお腹が空いてしまい、ついつい何か夜食を摂ってしまい、逆効果になってしまいます。だからこそ、夕食はしっかり食べて、腹持ちを良くし、それ以降は就寝まで何も口にしないことが大切です。

ここで「お粥」の登場なのです。あまり水分が多く、トロトロのお粥ですと、なかなか満腹感を得にくいので、ちょっと歯ごたえのあるお粥にして、ゆっくり噛んで食べることがポイントです。おかずも、お豆腐や納豆などの大豆食品や、ヒジキなどのミネラルを含む食品、ビタミン類を含む野菜など、低カロリーのものを工夫すると、さらに効果が上がるでしょう。

最近では、こんにゃくから作った「低カロリー米」も発売されていますので、これを使うと、効果はもっと上がります。

Sponsored Links

続けやすいダイエット法なの?

もともと「ダイエット」というものは、今までは気にかけもせず摂っていた食事の内容を、きちんと考えながら摂ったり、全然してなかった運動を始めたり、と、大なり小なり、生活の変化を求められるものですから、ある程度の根気が無いと続けられるものではありません。

そういう意味で考えると、いろいろあるダイエット方法の中でも「お粥ダイエット」は、主食の白米をお粥に替えるだけなので、比較的続け易いものと言えましょう。でもいくら続け易いものであっても、続ける根気が無くては続きません。頑張ることが、ダイエットにつながります。

まとめ

効果 お粥ダイエット
現代は、24時間いつでも、自分の食べたい物を手に入れる事ができます。だからこそ、手近に手に入るものばかりを摂っていると、栄養の偏りを招き、体重が増えてしまうのはもちろん、肌荒れや便秘、さらには何らかの病気を発症するなど、身体を壊すもとになってしまい兼ねません。

「お粥ダイエット」を始めるにあたり、もう一度自分の食生活や生活習慣を見直し、健康に良い毎日を送ってみましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ