うこん効果!副作用は大丈夫?正しい摂取方法で健康な体作り

アルコールの前にこれさえ飲めば大丈夫!と言うと誰でも思いつくのが「うこん」。

二日酔い防止の定番アイテムとして、日本に定着しているうこんですが、実はうこんには悪酔い対策以外にもたくさんの効果があることは知っていますか?

しかもうこんにはさまざまな種類があり、それぞれ効果も違います。二日酔いだけではもったいない!うこんの効果と性質を学んで、うこんパワーの恩恵をしっかりと受けましょう。

Sponsored Links

うこんとは?

うこん効果
うこんは、ショウガ科ウコン属の多年草です。原産はインドで紀元前から栽培されており、医薬や香辛料として愛飲されていました。

うこんは寒さに弱く高温多湿な気候を好む為、日本では沖縄が主な生産地となっており、国内で流通しているうこん製品のほとんどは国産のうこんが使用されています。

日本で広く普及している一般的なうこんは「秋うこん」と呼ばれ、肝臓の機能を向上させる成分「クルクミン」が多く含まれており近年は二日酔い防止や悪酔い予防の定番アイテムとして人気です。

さらに、うこんには口内炎や潰瘍、糖尿病や骨粗しょう症などに有効なミネラルやカルシウムが一般的な野菜よりも多く含まれているので、生活習慣病の予防にも最適なスーパーフードでもあります。

美肌やダイエットにも評判のウコンを収穫

効果

うこんの効果で一番特徴的なのが「肝機能と消化の向上」です。

これはうこんの根茎に含まれるポリフェノール「クルクミン」の効果で、クルクミンは二日酔い以外にも抗酸化作用、免疫力の向上、炎症を抑えるなど、その効果は多岐にわたります。

うこんのさまざまな効果
  • 肝機能の向上、消化系機能の促進
  • アレルギー、胃潰瘍、腸炎などの炎症を抑える
  • 血中コレステロールを下げる
  • 血流を改善し、動脈硬化などの血管の病気の予防に
  • 肌の老化を抑制し、美肌効果も

このほかにも、うこんに含まれる豊富なミネラルが疲労軽減や便秘解消に効くなど、新しい効果の研究も盛んで将来的には抗がん作用などの研究分野で大いに期待されているのです。

副作用は大丈夫?

体によい成分がたっぷり含まれ、さらにたくさんの効果がみられるうこんに副作用の危険はないのでしょうか。

うこんは中国漢方では「上薬」と呼ばれる、毎日摂取しても副作用が無いものとされています。基本的にサプリメントなどの一日の摂取量をきちんと守って飲んでいれば、健康被害や副作用の心配はありません。

しかし、うこんを過剰摂取すると肝臓の機能が活発になりすぎて、肝臓や内臓に大きな負担がかかってしまいます。

内臓系の持病を持つ人や、妊娠の可能性がある方はうこんの効果が強すぎる場合もありますので、かかりつけの医師に確認を取ってからの服用をおすすめします。

正しい摂取方法

うこんに含まれるクルクミンには、さまざまな効果がみられますが、実はうこんは品種や採れた時期によって根茎に含まれる成分に違いがあります。

うこんの種類とその効果の違いを使い分けて、自分の目的にあったベストなうこんを効率よく摂取しましょう。

Sponsored Links

目的別おすすめウコン

二日酔い予防、肝機能の向上には「秋うこん」。
秋うこんとは秋に花を咲かせる品種のうこんで、肝機能を向上させ、解毒作用のある「クルクミン」を最も多く含むのが秋うこんです。

肌荒れや口内炎、女性の健康をサポートするなら「春うこん」。
春うこんとは春に花を咲かせる品種のうこんで、精油成分やフラボノイド、ミネラルやカルシウム、クルクミンをバランスよく含んでいます。殺菌作用や抗炎作用成分も含まれているので肌トラブルや口内炎になりやすい女性に特におすすめしたいのが春うこんです。

胃潰瘍や消化器系の悩みには「紫うこん」
他のうこんと違って根茎に紫色の色素を持つのが「紫うこん」。うこんの黄色い色素の成分でもあるクルクミンをほとんど含まない代わりに、ピロリ菌を除去する作用が非常に高いアズレン、ベータエレメンを多く含むので、潰瘍や炎症を持つ疾患に効くのが紫うこんです。

うこんの含まれるクルクミンは水に溶けにくく、腸での吸収率があまりよくありません。しかし、クルクミンは脂によく溶ける性質があるのでオイルを使った料理に混ぜたり、ヨーグルトと一緒に摂取すると吸収率が上がります。

まとめ

効果うこん
うこんというと飲み会の前に飲むものというイメージが定着していますが、二日酔い以外にもたくさんのメリットがあるので胃が弱い人、女性にもおすすめしたい生薬でもあります。

コンビニや薬局で買えるドリンク剤のほかにも、サプリメントやウコン茶、料理に使いやすい粉末タイプなど、幅広い商品がありますので日常生活にうまく取り入れて健康的な毎日に役立てみましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ