豆乳バナナダイエットは効果があるの?正しい方法で痩せて結果を出す

豆腐の原料となる「豆乳」は、ダイエットにも健康にもとても良いことが知られていますし、バナナに含まれる食物繊維もダイエットに効果的ですよね。

その二つの食品を合わせた「豆乳バナナダイエット」は、いかにも効果がありそうですが、今回はそれをじっくりリサーチしてみましょう。

Sponsored Links

豆乳バナナダイエットとは?

豆乳バナナダイエット 効果
「豆乳バナナダイエット」とは、ミキサーで混ぜ合わせた豆乳とバナナを飲むだけの簡単ダイエットです。

バナナ1本を食べただけでもだいぶ満腹感を感じますが、それを豆乳と一緒にジュースにすることでさらに満腹感が増加します。そのため、置き換えダイエットに最適な方法のひとつです。

正しいやり方

では、このように簡単な「豆乳バナナダイエット」はどのように行うといいのでしょうか?

1日に1~2回食前に飲む
豆乳バナナは一日のうちにいつでも飲んでも良いですが、やはりダイエット効果が期待されるのは食前に飲むことでしょう。豆乳バナナの満腹感が、食事量を減らしてくれるからです。ただ、豆乳バナナだけでは栄養バランスに偏りが出てきますので、野菜や海藻類などは食事できちんと摂りましょう。

飽きないように工夫を
栄養価が高く、満腹感を味わえる豆乳バナナですが、毎日同じものだと飽きてしまう可能性もあります。そこで、黒ゴマやきな粉、はちみつなどを入れて飽きない工夫をしましょう。

イソフラボンの摂取は一日70mg以内
ここで気を付けたいのが、大豆に含まれる大豆イソフラボンの摂取量です。女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きを持つイソフラボンですが、過剰に摂取すると悪影響が出ると言われています。月経がある女性が過剰摂取すると、月経不順に陥ったり、甲状腺機能に変調をきたしたり、乳がんのリスクが高まるとも言われています。必ずパッケージの成分表示を確認し、イソフラボンの過剰摂取に気を付けましょう。

効果

では、豆乳バナナを飲むとどのような効果があるのでしょうか。

腹感が維持される
豆乳を多めに入れると滑らかな豆乳バナナジュースになり、豆乳を少な目にするとドロドロとしたものになります。どちらにしても、満腹感を維持するのには豆乳バナナは効果的です。できるなら一食分を置き換えると良いでしょう。

食物繊維が豊富
豆乳の中にも、バナナの中にも食物繊維が豊富に含まれています。ということは豆乳バナナを飲むと、食物繊維をダブルで摂取することができるのです。

代謝力アップ
大豆に含まれる大豆ペプチドは、体内で作られるアミノ酸の一種で、脂肪の分解を促す働きがあります。たとえば運動をし始めてから、脂肪が燃焼され始めるまで20~30分かかると言われているのは、運動により脂肪が脂肪酸に分解され、脂肪酸が燃焼するまでにそれぐらいの時間が掛かるからです。ですからその時に大豆ペプチドが体内にたくさんあると、脂肪燃焼が早まり代謝力がアップします。

Sponsored Links

リバウンドリスクはあるの?

もし「豆乳バナナ」を続けることでダイエット効果が現れてきたら、今あなたの身体の中では、活発な代謝が行われるようになってきたという証拠です。

ただしそこで「豆乳バナナ」をやめてしまったら、すぐに元に戻ってしまいます。しっかりとした代謝の良い太りにくい体質を作るためには、数カ月「豆乳バナナ」を飲み続ける必要があるでしょう。

適度な運動も同時に行って筋肉量を増やし、「豆乳バナナ」の効果を後押ししてあげると、さらにリバウンドリスクも減ってくるでしょう。

まとめ

実は私は、以前から寝つきが悪くよっぽど疲れた時ではない限り、バタンキューということが無く何度も寝返りを繰り返しながらやっと眠りにつく、とい状態が長年続いていました。そんな時に聞いたのが「大豆の成分が寝つきをよくする」ということで、それから毎朝豆乳コーヒーを飲んでいますが、これが効果てきめん。

スッと眠って、5~6時間後にフッと目覚めるという快適な夜を過ごせるようになりました。今までの寝つきが悪い上に、眠りが浅く、そして寝起きも悪いという最悪なパターンがウソのように消えてしまったのです。「豆乳」の力、恐るべしですね。

で今回、「豆乳バナナ」の効力を知ってしまったので、朝の「豆乳コーヒー」を「豆乳バナナ」に変えて、快適な睡眠と共に今度はダイエットを目指すつもりです。

あなたの「豆乳バナナ」で、良い一日を!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ