味噌汁にダイエット効果があった!スリムになれる効果的な方法がコレ!

あったかいごはんに欠かせない味噌汁。味噌はダイエットに効果的な食材なのです。

味噌汁は食べ方に工夫すれば、体に優しいダイエットができます。味噌汁ダイエットの効果的な方法をご紹介します。

Sponsored Links

味噌汁ダイエットとは?

味噌汁 ダイエット 効果
味噌汁は1杯35キロカロリーと低カロリーなうえに、野菜がたくさん食べられるのでヘルシーな食べ物です。

しかも、味噌にはダイエット効果が期待できる成分が豊富に含まれていますし、味噌汁は油を使いません。

こんな味噌汁をダイエットに取り入れるのが味噌汁ダイエットです。

お勧めダイエット!!!スムージー+味噌汁+おにぎり

正しいやり方はコレ!

やり方は二通りあります。

毎日3食味噌汁を食前に取ることでほかの食事の量を減らしていく方法と、1日1食、朝か夕方の食事を、味噌汁に置き換える法があります。

1日1食を味噌汁に置き換える場合は、朝か夕方に味噌汁を飲みます。2食は普通の食事を取ります。朝、味噌汁を食べれば代謝が良くなり、脂肪が燃えやすくなります。もし、朝作る時間がないという人は夕方の食事を味噌汁に置き換えてみて下さい。

3食全部に味噌汁を食べる場合は、必ず食事の一番初めに食べます。食前に味噌汁を取ることで、お腹いっぱいになり食事全体のカロリーが減ります。

3食全部に味噌汁を食べる場合は、塩分が気になりますが、3食ぐらいならメリットの方が大きいのでそれほど気にしなくても大丈夫です。もし、塩分がどうしても気になるようであれば、減塩味噌を使う方法も良いです。

味噌汁は具だくさんにするのがコツです。かさばる野菜も、味噌汁にして煮てしまうと、かさが減るのでたくさん食べられます。

味噌汁ダイエットの効果

味噌にはすばらしい効果があります。味噌にはロイシン、イソロイシン、大豆ペプチド、大豆サポニンという成分が含まれています。

ロイシン、イソロイシンは脂肪を燃焼させる効果があります。

大豆サポニンは、コレステロールを減らして、血液の流れを良くしてくれる効果がある上に、脂肪の吸収をしにくくする作用もあります。

大豆ペプチドは腸内環境を整えて便秘を改善してくれる効果があります。さらに大豆ペプチドにも脂肪の吸収を緩やかにする効果があります。

効果的な味噌汁の作り方
赤味噌は腸の運動を活発にしてくれるので、便秘に効果的です。あわせてアンチエイジングや免疫力増加にも効果があります。

白味噌は麹の量が豊富で、空腹感を抑えたり血圧を下げたりする効果もあります。どちらの味噌も利点があります。できれば両方のブレンドにすると効果的だと思います。

味噌汁の中に入れる具は、低カロリーの野菜、きのこ、豆腐、海藻類などを中心にいれるとダイエットに効果的です。野菜はゴボウに繊維が多いのでおすすめです。

リバウンドリスクはある?

味噌汁ダイエットは、無理な食事制限はありませんので、基本的にリバウンドのリスクは少ないです。

また味噌汁の中の具は好きな具を入れていいので、いろいろ工夫をして変化をつけてみて下さい。

ゆっくり味わって飲むことで満腹感も出るので、ストレスも少なくリバウンドしにくくなります。

まとめ

ダイエット 味噌汁 効果
味噌汁は体を温めてくれるので、寒い時に食べるとほっとしますね。温かいだけでなく美味しいし、野菜もたくさん食べられるのでいうことなしです。

さらに健康効果もあるなんて、食べないともったいないと思います。こんなに健康によいとは知りませんでした。

味噌汁を始め、納豆や海苔、漬物など日本食にはすばらしい栄養や効果をもった食材がたくさんあります。和食のすばらしさをもう一度見直し、食生活を考えて見るきっかけにもなりますね。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ