1週間ダイエットで効果的にやせよう!これならやせて結果がでる!

1週間ダイエットとは、1週間という期限内に集中的にダイエットをする方法です。

正しいやり方をすれば効果的にやせられるダイエット方法です。正しいやり方でばっちり結果を出しましょう。

Sponsored Links

1週間ダイエットって?

1週間ダイエット 効果
1週間という期限を決めて集中的に痩せる方法です。ただし、いくら短期といっても1週間極端な食事制限をしたら、健康によくありません。

またやめたとたん、リバウンドしてしまう可能性もあります。健康を維持しながら、効果的に痩せる方法を取っていく方法がベストです。

1週間ダイエットをする方法はいろいろありますが、今回は3食きちんと食事をとりながら痩せる方法をご紹介します。

おかゆダイエット/5日間でマイナス3キロ

正しいやり方

1週間でやせるために、食事の内容や取り方を工夫します。便秘や冷えも改善できる効果的なメニューです。1日の流れを説明します。


おかゆを食べる。おかゆはカロリーがご飯の半分です。おかゆには水分が多いので少量で満腹感が得られます。おかゆプラス玉子をいれるとたんぱく質がとれるので栄養のバランスが良くなります。またおかゆの中にわかめやひじきなどの食物繊維を入れると脂肪を吸収しにくくしてくれる効果があります。
便通もよくなって一石二鳥です。
また有酸素運動をすると脂肪が燃焼します。駅まで少し早足で歩く、駅の階段を使うなどの運動をプラスすると一層効果的です。


おかゆが理想的ですが、無理な時はご飯の量を半分にします。おかずはなるべく野菜や豆、こんにゃくや豆腐などを中心にして、良く噛んで食べるようにします。サラダを食べる時は海藻サラダにします。
3時のおやつタイム:ここで甘いものを食べるのは禁物です。甘みがほしかったらさつまいもやかぼちゃ、果物やヨーグルトなどにします。

夕飯
食事の前にみそ汁やスープを飲みます。満腹感が得られ、食べすぎを防いでくれます。夕食もおかゆを食べます。おかずは特に制限はありませんが、大豆やこんにゃく、鳥のササミ、納豆やとうふなどを中心に食べます。温野菜はビタミンやミネラルを摂取できる上に、満腹感も得られるのでおすすめです。特におすすめなのが、夕食時にトマトを食べることです。トマトにはリコピン酸が豊富です。美肌効果やデトックス効果も期待でき、食べすぎも防げるので夕食時にぜひ食べたい食品です。

食事は少なくとも寝る3時間前には終わらせるようにします。また1週間ダイエットの期間は、アルコールは避けます。アルコールを飲むと、カロリーの高いおつまみがほしくなったり、寝る時間が遅くなったりします。空腹感を感じたらお風呂に入るのも良い方法です。リラックスして快眠につながります。

リバウンドリスクはあるの?

厳しい食事制限をしているわけではないので、リバウンドリスクは低いと思われます。

有酸素運動をプラスして代謝を良くしておけば、さらにやせやすく太りにくい体質になります。

Sponsored Links

効果はどのくらい期待できる?

1週間で2キロから3キロは痩せる効果が期待できます。

1週間ダイエット終了後も、有酸素運動や食物繊維中心の食事を続けていけば、さらに、効果が上がるはずです。

まとめ

1週間ダイエットは、いかがでしたでしょうか?食事内容はおかゆや野菜中心の食事ですが、特に量を減らしているわけではないので、それほど空腹感はないと思います。

空腹感が強い時は、海藻や温野菜などの量を増やすとよいと思います。ダイエット終了後も食事をとるときは、今回のメニューを意識して取るとよいですね。続けていくことで、体の中からきれいになっていくはずです。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ