お酢ダイエットは効果があるの?正しい方法で痩せて結果を出す

酢の物を食べたり、お料理に酢醤油をかけたりすると、とても美味しくいただけますね。健康にもとても良いと言われている「お酢」ですが、何とお酢を使ってダイエットする「お酢ダイエット」がちまたで話題になっているという情報が入ってきました。

今回はこの「お酢ダイエット」にフォーカスしてみましょう。

Sponsored Links

お酢ダイエットとは?

お酢ダイエット 効果
「お酢ダイエット」とは、お酢を飲むだけの簡単なダイエット法です。さすがにお酢をそのまま飲むということには抵抗がありますが、最近では健康ブームにもあやかって「黒酢ドリンク」や「りんご酢ジュース」など、薄めなくてもそのままでも気軽に飲めるものがたくさん販売されるようになっています。

自分の飲みやすいタイプのお酢を毎日少しずつ飲み続けることが、ダイエットにつながる秘訣です。

正しいやり方

お酢を飲めばいいだけの「お酢ダイエット」ですが、そのタイミングが重要です。次のようなタイミングで飲むようにしましょう。

食後に飲みましょう
お酢の成分と言えば、あの酸っぱい味の元になっている「クエン酸」です。クエン酸には多くのアミノ酸が含まれていて、このアミノ酸が内臓の働きなどを活発にすることが分かっています。そのため食前にお酢を飲んでしまうと、かえって食欲が増してしまう恐れもありますので、食事中か食後にお酢を飲むようにしましょう。

有酸素運動の前に飲みましょう
お酢に含まれるクエン酸は、身体の中で余分な脂肪を燃焼させ、エネルギーを作り出すクエン酸サイクルに利用されます。ですから身体の中にクエン酸がたくさんあると、このクエン酸サイクルの活動が活発になり、より多くの脂肪が燃焼されます。運動前にお酢を一口飲んで運動すると、脂肪燃焼がさらに活発になるのです。

効果

お酢のダイエット効果には、次のようなものが確認されています。

脂肪燃焼作用
お腹ポッコリの原因は、内臓脂肪がたまったせいだと言われていますが、内臓脂肪は普通の運動などではなかなか減らすことができません。内臓脂肪を減らす役目をしているのが肝臓ですが、内臓脂肪がたくさん溜まっている身体の肝臓は、脂肪の燃焼に追われていて疲れています。そこへお酢を飲むと、肝臓内の脂肪燃焼に関わる酵素をお酢の成分が刺激して、肝臓の活動が活発になり脂肪燃焼が促進されます。

脂肪蓄積抑制作用
溜まった脂肪を燃焼することも大切ですが、脂肪を溜めないようにすることはもっと大切です。お酢に含まれる必須アミノ酸には、体内に摂取された脂肪をその時点で燃焼する働きがあります。

むくみ解消
すっぱいお酢は弱アルカリ性ですので、それを飲むことで体内も弱アルカリ性になっていきます。胃腸は弱アルカリ性の時に、働きが最も活発になると言われているので、お酢を飲むと体内の循環がよくなり、むくみが解消されます。

高血圧改善
お酢に含まれる成分が、血液中の中性脂肪も減らしてくれます。そのため、高めだった血圧がお酢を飲むことで低くなることが実験でも証明されています。

抗酸化作用
現代人の身体は、ストレスや筋肉疲労の蓄積で全体的に酸性に傾いており、そのために疲れがなかなか抜けなかったり、疲れやすくなっています。お酢を飲むことで体内が弱アルカリ性に変化し、活性酸素も除去できるのです。

Sponsored Links

リバウンドリスクはあるの?

お酢の一回に飲める量は10ml程度と少量なので、急激に効果が現れるものではありません。また、今の身体がどれくらい酸性に傾いているのかにもよりますので、個人個人でお酢を飲んだ時の効果の出方は様々ですが、少なくとも1~2カ月続けると、何らかの効果は出てくるでしょう。

でもそこで安心してお酢を飲むのをやめてしまうと、すぐに元に戻ってしまいます。ダイエット効果のみならず、健康維持にも役立つお酢ですので、そのまま続けることが賢明です。そうするとリバウンドリスクも少なくなるでしょう。

まとめ

 効果 お酢ダイエット
今世間では、さまざまな形のお酢ドリンクや黒酢サプリメントがたくさん販売されていますが、それに使われているお酢の多くが鹿児島県で作られている、ということをご存知でしたか?

昔、お酢の入ったツボを運搬するために長い山道を上り下りしていたのですが、そこでたくさんのツボが割れたので「かめわり峠」という地名もあるくらい、昔からの産業となっています。今では、そこに作られた「お酢」を使ったお料理を出すレストランが、連日盛況となっていますよ。

たったおちょこ一杯分ぐらいで、ダイエットに効果もあるのなら、早速あなたも今日から飲み始めてください。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ