味噌汁ダイエットは効果があるの?正しい方法で痩せて結果を出す

日本食の代表のひとつと言える味噌汁。少し前までは、朝食の時に夕食の時に、そして昼食の時の定食にと、いつでも毎日飲んでいた味噌汁ですが、残念なことに最近では、パン食やパスタなどの洋食を食べる人が増えてきて、味噌汁を飲む回数は全体的に減っています。

それでも、やっぱり「日本食の代表」と言えば味噌汁ですね。

今回は、この「味噌汁」について、じっくりと掘り下げてみましょう。

Sponsored Links

味噌汁ダイエットとは?

味噌汁ダイエット 効果
味噌汁をテーマに取り上げるのは、近年の世界的な「和食ブーム」にあやかっているからではなく、実は驚くなかれ、味噌汁にはダイエット効果もあることもお知らせしたいからです。

味噌汁は当然のごとく「お味噌を溶かして作る汁物」ですが、このお味噌に実は、大きな秘密が隠されているのです。

では、お味噌について調べてみましょう。

言うまでも無く、お味噌は大豆から作られていますので、その大豆に豊かな栄養素が含まれています。

大豆サポニン
この成分には、腸の働きを正常にする作用があり、そのため余分な栄養の吸収を抑える性質があります。さらには、脂肪を吸収するための酵素の働きを抑える役目も持っています。

ロイシン
大豆に含まれるタンパク質は、体内に入って消化されるとアミノ酸に変化します。いくつかのアミノ酸ができますが、その中の「ロイシン」には、何と脂肪を燃焼させる効果があります。

大豆ペプチド
この成分の働きは腸内環境を整えることなので、腸の動きを活発にして便秘を解消します。腸の働きが活発になると内臓全体の働きも活発になるので、身体の代謝力アップにもつながります。

正しいやり方

このようにダイエットに効果的な味噌汁ですか、「私は毎日味噌汁を飲んでるのに、痩せてなんかいませんよ~」という方がいるのも事実です。それにはダイエットに効果のある正しい飲み方をしていないからです。次に紹介してみましょう。

一日のうち一食はは味噌汁だけ
味噌汁の魅力にはその栄養価の高さもありますが、そのカロリーの低さにもあります。ですから、一日のうちの一食を味噌汁だけにしてみましょう。腹持ちの良い具材をたっぷり使い、ゆっくりと味わいながら飲むことで空腹感も感じにくくなります。

七味を一振り
味噌汁の中に「七味」などのトウガラシの香辛料を一振り入れてみましょう。トウガラシ成分と味噌汁の成分の相乗効果で、効果的な代謝力アップが期待され、ダイエットにつながります。

効果

味噌汁のどのような点がダイエットに効果的なのかを挙げてみましょう。

カロリーが低い
味噌汁の中に入れる具材にはさまざまな物がありますが、全体として野菜や豆腐などが多く、そのため味噌汁一杯に含まれるカロリーは、具材がたくさん入っていても50kcalを超えることは少ないようです。ですから、たっぷりと味噌汁を飲むことで、その食事全体のカロリーを減らすことができます。

野菜も摂れる
味噌汁の中に、何も具材を入れずに飲むことはほとんどありません。必ず何らかの野菜や豆腐、うす揚げなどを入れて美味しくいただきます。ですから、味噌汁茶わん一杯の中には、少しずつですがいろいろな具材が入っていて、それが満腹感を増進しダイエットにもつながります。できるだけ具だくさんの味噌汁を飲みましょう。

海藻類も摂れる
味噌汁の具材で忘れてはならないのがわかめです。多くの栄養素を含むわかめは、積極的に摂りたい食材のひとつですが、毎日摂り続けることはなかなか難しいです。でもわかめの入った味噌汁を毎食取れば、そんな心配は無用。食物繊維や血液サラサラ成分などが含まれていますので、ダイエットはもちろん、健康な身体を目指せることにもなります。

Sponsored Links

リバウンドリスクはあるの?

味噌汁自体には全くリバウンドリスクは無いのですが、せっかく痩せてきた身体を元に戻してしまうのは、味噌汁を定期的に摂っていなかった以前の食生活に戻ってしまうことが原因となります。

味噌汁に含まれる効果的な成分により、身体の代謝がアップして痩せてきたのなら、その食生活を続けることが、リバウンドを避けるためのいちばんの対策となるでしょう。

まとめ

 効果 味噌汁ダイエット
日本で昔から食べられている食材が、ダイエットに効果的なことはもちろん、健康にもとても良いことも分かり、このような食材を考え出した日本人の一人としてとても誇らしく感じます。

現在、世界の中でもトップに位置する日本人の平均寿命ですが、それを引き上げている要因となっている高齢者の多くが毎日味噌汁を飲んでいることを考えると、味噌汁は長寿に必須な食品とも言えるのではないでしょうか。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ