手湿疹の原因は?誰にでも今すぐできる対策も紹介!

手の甲がカサカサしてきたり指先がムズムズしてくると、次に現れるのは湿疹です。痒みがあるとイライラしてくるのは当然ですが、湿疹を治すために手を使わなければ、調理や洗濯など日常の家事にも支障をきたしてしまうので、一日でも早く治したいものです。

今回は、手湿疹の原因を探って、手湿疹にならないための対策にも焦点を当ててみましょう。

Sponsored Links

手湿疹の特徴

手湿疹 原因
手の湿疹は皮膚炎の一緒ですが、どちらかというと手の平よりも手の甲や指先に出てきます。最初に指の腹や手全体が乾燥してきて、ゴワゴワしたりカサカサしてきます。

次に痒みのある赤い斑点があちこちに出現し、そのまま放置すると小水疱(しょうすいほう)や丘疹(きゅうしん)と言われる水膨れ状態になります。

この状態になると痒みが我慢しきれなくなり、無意識に掻ききってしまい、傷になったりかさぶたができたりするものもあります。

また、指先や爪の周りに湿疹が出てきた場合、そこから皮膚がひび割れてあかぎれになる場合もあります。

手湿疹の原因は?

手に湿疹ができてしまういちばんの原因は、調理師や理美容師など、素手で仕事をして手の皮膚に刺激があるものに触れることです。

洗剤などを使い続けることにより、もともと手の皮膚を防御するために存在していたセラミドで構成された外皮組織が剥がれ落ち、直接皮膚内部に刺激が当たり続けることで、湿疹を発症してしまいます。

洗剤などの薬品でなくても、お湯を長時間使うことでも同じような症状が現れることもあります。

また、上記のような職業に就いていなくても手に湿疹ができてしまう場合は、手の湿疹が発症する時期によって病名も違ってきます。

冬の時期など乾燥する時期になると湿疹が発症するのは「刺激性皮膚炎」と言われ、季節に関係なく湿疹が発症している場合は「アレルギー性皮膚炎」である可能性があります。

Sponsored Links

対策

手に湿疹を作らないための対策は、手に刺激物が触れる時間を少なくするのがいちばんで、まずは「手荒れ」をしないことが大切になってきます。

手袋を着用しても良い職場なら、積極的に手袋をつけて作業しましょう。手袋を付けることができない職場なら、手を刺激物から離す時間を必ず設定しましょう。

その間にハンドクリームなどを充分に手に塗り、手の皮膚が乾燥したままにならないように工夫しましょう。また、寝る前にハンドクリームをたっぷり塗って、その手に布製の手袋をして寝ている間に手の乾燥状態を改善してくれる商品もありますので、活用してみましょう。

さらには、食事にも気を付けてみましょう。唐揚げやフライなど、油をたくさん使った食品は、体内で消化される際に大量の水分を必要とします。

そのため、このようなメニューを摂ることが多い人は、体内の水分量が不足気味になっているため、その影響が身体の末端の器官である手や足に出て来る可能性があります。そんなに水仕事をしているわけでもないのに手が荒れたり湿疹ができたりすることがある人は、一度食生活を見直してみましょう。

まとめ

原因 手湿疹
以前は「主婦湿疹」と言われる、いわば「食器洗い用洗剤による洗剤負け」が話題となったこともありましたが、今ではメーカーさんの努力により、食器洗い用洗剤によって手が荒れることは少なくなってきています。

その代わりに現れてきているのが「アレルギー性皮膚炎」で、この場合には洗剤などの刺激物だけでなく、手荒れ予防のために付けたゴム手袋や軟膏の成分などに刺激を受けて湿疹が発症する場合も出てきていますので、自分の湿疹は何が原因なのかをきちんと見分けることが大切になってきます。

「たかが湿疹」と放置せずに早めに原因を探って治療を始めることが、手の湿疹に悩むことから解放される近道となるでしょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ