根菜スープダイエットは効果があるの?正しいやり方で痩せて結果を出す

昔から「根の付いている野菜を摂ると、根(こん)が付く」と言われていて、ごぼう、大根、ニンジンなどの根菜と言われる野菜を食べると、元気が出ると言われています。

ところがさらにこれらの根菜をスープにして飲むと、ダイエットに効果が出て来ることが分かってきました。

今回は、元気が出る上にダイエットにも役立つ根菜スープをフォーカスしてみましょう。

Sponsored Links

根菜スープダイエットとは?

根菜スープダイエット効果
「根菜スープダイエット」とは、毎日の食事の前に根菜スープを飲むだけのダイエット法です。

正しいやり方

「根菜スープダイエット」の正しいやり方を説明する前に、「根菜スープ」の作り方をお伝えしましょう。

《材料》大根・ニンジン・ごぼう・カブなどの根菜類適量、にんにく1かけ、ニラ・タマネギなど適量、顆粒中華スープの素、すりごま

作り方
  • 材料の根菜類をひと口大に切る。
  • 根菜類とにんにくと中華スープの素を鍋に入れ、ひたひたになるくらいの水を加えて、火にかける。
  • 5~10分ほど根菜類が柔らかくなるまで煮立ててから、ざく切りにしたニラやこま切れにしたタマネギを加え、ひと煮立ちしたら火を止める。
  • 器に盛り付け、すりごまを振りかけていただく。

これで「根菜スープ」の出来上がりです。このスープを毎日の食事の前に300ccほど摂るだけでOKなのです。

特に夕食時は、この根菜スープをメインディッシュにすることをおススメします。

効果

「根菜スープを飲むだけ」。こんな簡単なことで、ダイエットに効果があるとは信じがたいですが、その効果を検証してみましょう。

満腹感が早く出て来る
食事前に根菜スープを飲むことで、お腹が満たされ、他の食事をあまり食べなくても、満腹感を感じることができるようになります。根菜スープには、ほとんどカロリーが無いのでその分食事からのカロリー摂取を減らすことができます。

食物繊維を摂取できる
毎日の快調な便通を得るための必須成分と言われている食物繊維ですが、根菜スープを飲むことで、豊富な食物繊維を摂ることができます。食物繊維は「腸のお掃除屋さん」と言われていますので、毎日コンスタントに摂り続けることで、腸内に溜まり溜まった不要物がどんどん排出されることになります。そのため、腸を含め内臓が活発に動きます。内臓が活発に働くと、そのためにエネルギーが必要になります。そのエネルギーを生み出すために身体の新陳代謝が活発になっていき、そのせいで自律神経が整えられ体調も良くなっていきます。まさに食物繊維は、救世主の働きをしてくれるのです。

炭水化物をエネルギーに変えてくれる
根菜類に含まれるビタミンB1には、炭水化物から生じる糖質を体内にある酵素と結合してエネルギーに変える働きがあります。ですから、ビタミンB1が不足すると、体内でのエネルギー生成が行われなくなり疲れやすくなったりします。また、根菜スープと一緒に炭水化物を摂るとエネルギーに変わりやすくなる点も、見逃せない点です。

身体の酸化を防いでくれる
根菜類に含まれるビタミンB2は、肉や食用油などの脂質から、体内にある酵素と結合してエネルギーを作り出す作用をします。脂質はエネルギーに変換されずに体内で余ってしまうと、そのまま脂肪として蓄えられてしまい、肥満の元となってしまいます。ですから、ビタミンB2を積極的に摂り続けることで、体内の脂肪分が効率よく消化されていきます。また、ビタミンB2の働きには抗酸化作用もあり、活性酸素を除去して身体の酸化を防ぐ作用もあります。

Sponsored Links

リバウンドリスクはあるの?

根菜スープを集中的に飲み続けることで、根菜類に含まれるさまざまな成分により体内の循環が改善され、肥満状態が次第に解消されていきます。

その効果には個人差がありますが、大なり小なりの体重減少が報告されています。せっかくこのような効果が出てきたのですから、目標体重に達したとしても根菜スープを飲むのをやめる必要はありません。

回数は減らしても、コンスタントに続けていくべきです。そうすれば、リバウンドリスクはほとんど無くなると言っても過言ではありません。

まとめ

効果 根菜スープダイエット
私たちが毎日何気なく食べている根菜類に、こんなにも優れた効果があるとは全然知りませんでした。化学的な検証もされてなかった昔に「根菜類を食べると元気が出る」ということを、日常の生活から導き出していたのには驚かされますね。

きちんとした科学的根拠を知っている現代の私たちは、根菜スープを飲むことで素晴らしい結果を必ず導き出すことができるはずです。さて、今夜から根菜スープを!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ