冬場に体臭がきつくなる人の特徴は?対策と改善方法はコレ!

汗ダラダラの夏場は、「わぁ~、汗臭~い」と自分自身で感じてしまうこともたびたびあり、制汗スプレーや制汗パウダーを使って、みなさん、体臭の消臭に余念がありません。

そして、秋風が吹いてくる頃になるとやっと一安心、という感じなのですが、実はこの季節から冬場にかけてが、夏場よりももっと体臭の消臭に気を配らなければならない時期だということを知っていましたか?

今回は、冬場に体臭がきつくなるメカニズムとその対策法について、リサーチしてみたいと思います。

Sponsored Links

冬体臭の原因は?

冬体臭 原因
冬体臭の原因をひと言で言うと、「衣類の重ね着」によるものです。夏場は、開放的な衣類を着ていること制汗スプレーなどを使っていること、そして汗の臭いに紛れて、体臭にはあまり気が付かないものです。

ところが冬場になると、汗もかかないため制汗スプレーなども使わないので、体臭そのものが臭いだし、それが重ね着した衣類の中で蒸れていまい、悪臭となって漂ってきてしまうのです。

おじさんの靴下が臭いのは周知の事実ですが、若い人でも寒いからと言ってソックスを重ね履きしてブーツを履いたりすると、脱いだ時の臭いのひどさは、筆舌に尽くしがたいものになってしまいます。

冬に体臭がきつくなる人の特徴

冬に体臭がきつくなる人の特徴には、ふたつの場合があげられます。

ひとつ目は、もともとあまり体臭がきつくは無いけれど、冬場に重ね着をすることで、体臭を悪臭に変えてしまう場合です。特に、麺素材の衣類を何枚も重ね着し、その上に気密性の優れた防寒着を着てしまうことで、皮膚から発散されている水分が衣類の中にこもってしまいます。こもった水分に、空気中に漂っている座菌が付き繁殖してしまうと、夏場のような「汗臭い」においになってしまうのです。

ふたつ目は、もともとわきがなどの体臭がきつい人の場合です。夏場はそれなりに気を使っている体臭対策も、冬場になると汗をかかないために気が緩んでしまいます。でも、身体は常に皮膚から水分を放出していますので、わきがなどに対する対策を怠ると、夏場以上に悪臭を漂わせてしまうことになり兼ねません。特に冬場は、閉め切った暖かい部屋にいることが多くなるので、余計ににおいに敏感になってしまいます。

対策

冬場に悪臭を放たない最大の対策法は、「蒸れやすい衣類を重ね着しない」ということです。最近では、薄手でありながら保温性に優れていて、なおかつ通気性もあって蒸れにくい素材で作られた衣類が、たくさん販売されています。

いわゆる「ババシャツ」にこれらの素材で出来た製品を使い、その上にニットやカットソーなどを羽織ると、重ね着でモコモコせずスッキリとした装いであり、なおかつ蒸れることも無いので悪臭を放つ危険性も無い、という一石二鳥にも三鳥にもなるファッションを演出することができます。

さらに、足長に見えるロングブーツですが、足先が冷えるからと言って綿素材のソックスなどを履いてしまうと、これも悪臭の元になります。保温性と通気性に優れたシルク素材のソックスを履くようにすると、ブーツを脱いだ時のオシャレ度もアップして素敵になるでしょう。

また、わきがなどの体臭がきつい人は、冬場になっても気を抜かず、体臭対策を続けましょう。もちろん、通気性の良い衣類を身につけることは、必須条件です。

Sponsored Links

改善方法

私たちは汗をかいた後で、体臭がきつくなると「汗臭い」とよく言いますが、実は汗自体には何もにおいはありません。汗をかいたままにしておくとその皮膚に雑菌がつき、汗の成分をエサにして繁殖することで、あの「汗臭い」においが発生するのです。

ですから、「汗臭さ」を取り除くには、汗をかいた後すぐに拭き取ることが肝心です。ただ夏場ならそれもすぐにできますが、冬場にはそんなに頻繁に汗を拭くことはできません。そこで活用したいのが、制汗剤です。冬場にスプレーはちょっと寒く感じるので、冬場は細管パウダーや制汗スティックを使いましょう。

ただし、臭いが気になるからと言って、たくさんの部分に制汗剤を付けることはおススメできません。制汗剤は、汗腺を塞いで汗を出にくくしてしまうものですから、汗が気になる部分だけに付けるようにしましょう。

まとめ

原因 冬体臭
飲み会などに参加して、素敵なロングブーツを履いていた女子が、それを脱いで和室に上がった途端、「もわ~」とイヤな臭いが漂ってしまうのは、幻滅の何ものでもありませんね。

いつでも素敵な女子でいるためには、冬場であろうと体臭予防に気を抜く訳にはいきません。

通気性の良い衣類を身につけることや、腋の下など汗が気になる部分には制汗パウダーをひと塗りしておくなど、ちょっとした気遣いで、あなたも素敵な香りの女子に変身できますよ。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ