酵素玄米ダイエットは効果があるの?正しいやり方で痩せて結果を出す

「酵素」が身体に良いことは良く知られていますし、「玄米」が健康に良いことも良く知られていますが、では「酵素玄米」とはどういうものなのでしょうか?

実は「寝かし玄米」とも言われる「酵素玄米」には、素晴らしい効果があり、それは健康にもダイエットにもその力を発揮します。

今回は、そんな「酵素玄米」を使ったダイエットに、フォーカスしてみましょう。

Sponsored Links

酵素玄米ダイエットとは?

酵素玄米ダイエット 効果
毎日の食事の中に「酵素玄米」を加えていくことで健康的な身体になり、それがダイエットにつながっていくのが「酵素玄米ダイエット」です。

ではまず「酵素玄米」とはどういうものでしょうか?

「酵素玄米」とは、玄米と小豆を一緒に炊いたものを炊飯器で保温し発酵させたものです。ですから、自宅で簡単に作ることができます。炊飯器の中で発酵させることで、玄米が柔らかくなり小豆の風味と共にとても食べやすくなります。たくさん作って保存しておき、毎日の食事に取り入れましょう。

正しいやり方

では、自宅で作る「酵素玄米」のレシピを紹介しましょう。

玄米コースのある炊飯器で作る場合
  • 玄米4合と小豆50gを軽く水洗いし、半日ほど水に浸けておきます。
  • 炊飯器に水を切った①を入れて、天然塩小さじ1、水600ccを加えて、玄米モードで炊きます。
  • 炊き上がったら1時間ほど蒸らし、よく混ぜ合わせそのまま3日間保温します。一日に一回はよくかき混ぜましょう。3日経ったら、食べてみましょう。
圧力なべで作る場合
  • 炊飯器に玄米コースが無い場合は、圧力なべを使ってみましょう。材料の分量は同じですが、水に浸すのは1時間ほどで大丈夫です。
  • 圧力なべに水を切った玄米と小豆をいれ、天然塩小さじ1とカップ4杯の水を入れ、火にかけます。沸騰したら中火にして30分間炊き、火を止めてから20分蒸らし、その後圧力を抜いてからさらに1時間蒸らします。
  • その後、保温器に移し、3日間保温します。1日に1回はかき混ぜましょう。3日経ったら、食べてみましょう。

効果

「酵素玄米」には、次のような効果があります。

便秘が解消される
「玄米」には食物繊維が豊富に含まれていますが、それは「酵素玄米」に変化した時でも変わりません。食物繊維の最大の効果は、便秘の解消です。玄米の食物繊維は水溶性で、水分と混じると粘りけを持ち、周りにあるものを巻き込みながら体外に出ていきます。ということは、腸内のお掃除屋さんですね。

美肌になる
「酵素玄米」には、ビタミン類やミネラル分が豊富に含まれていますので、これにより体内の血流や老廃物の排出などの循環機能がスムーズに動くようになります。そのため、全身の新陳代謝が活発化します。これはお肌にも当てはまり、お肌の新陳代謝が活発になると今までお肌を覆っていた古い角質が除去され、新しいお肌が現れて来て、美肌が導かれます。

免疫力がアップする
身体の様々な不調の原因となる活性酸素ですが、「酵素玄米」にはこの除去に関係するGABAが豊富に含まれています。ですから、「酵素玄米」を食べ続けることで、体内に巣くっていた活性酸素が減っていくので、自律神経が整えられ、ホルモンバランスが正常に整えられます。その結果、検疫力がアップし、病気にかかりにくい身体が出来上がってきます。

疲労が回復されやすくなる
「酵素玄米」には、ビタミンB1が豊富に含まれています。この成分は、イライラや食欲不振、そして慢性的に感じる疲労などの神経系の不調を回復する力を持っています。疲れが溜まった身体には、「酵素玄米」が最適です。

ダイエットできる
肥満のいちばんの要因は、体内に脂肪などの余分なものが溜まっていくことにあります。ですから「酵素玄米」を摂り続けていくと、便秘が解消し、新陳代謝の上昇により、体内の老廃物が除去されます。また、体内の循環が良くなることで、食べた物が効率よく消化され、体内に溜まりにくくなっていきます。その結果、ダイエットにつながっていくのです。

Sponsored Links

リバウンドリスクはあるの?

「酵素玄米」を毎日の食事に取り入れることで、身体が健康的になり、そのおかげでダイエット効果が現れたとしても、そこで「酵素玄米」をやめる必要は全くありません。

逆に健康維持と肥満防止のために、さらに続けていくべきものでしょう。

まとめ

効果 酵素玄米ダイエット
「玄米」が健康に良いということで、食べにくいのを我慢して食べていたら、玄米でも白米のように食べやすい「発芽玄米」が出て来て、それを食べようと思ったら今度は「酵素玄米」の登場です。

どれを選ぶかは個人の好みによりますが、いずれにしても、白米と同じように食べてもカロリーは低めで、栄養素が白米の何倍もある食品ですので、「ご飯食べたいんだけど、ふとるからなぁ~」とご飯を我慢していた方には、朗報ですね。

しっかり噛んで食べて、きれいで健康な身体を目指しましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ