玄米ダイエットは効果があるの?正しいやり方で痩せて結果を出す

白米より玄米を食べる方が身体に良いことは、よく知られていますが、この「玄米」がダイエットに効果があることを知っていましたか?

「健康に良いと思って食べていたら、いつの間にか痩せてた!」なんていう、夢のようなダイエットを達成するために、今回は「玄米ダイエット」を徹底リサーチしてみましょう。

Sponsored Links

玄米ダイエットとは?

玄米ダイエット
「玄米ダイエット」とは、毎日の食事の中に「玄米」を加えるダイエット法です。その方法は、白米に玄米を加える、玄米そのものを食べる、玄米粉を食べるなど、いろいろとありますが、とにかく毎日の食事の中に玄米を加えていきましょう。

「炭水化物ダイエット」など、きびしくご飯類を制限するダイエットに比べると、玄米であっても「ご飯」を口にすることができるので、ご飯が大好きな方にはピッタリのダイエット法です。

正しいやり方

玄米を毎日の食事の中に加える方法には、いくつかやり方がありますので、紹介してみましょう。

白米に玄米をブレンドしてみよう
最近の玄米は、以前のものと比べると格段に食べやすくなっていますが、やはりそれでも美味しい白米に比べると、なかなか口当たりが良くありません。ですから急に玄米100%のご飯にしてしまうと、もうそれで挫折してしまう可能性が出てきます。そこで玄米の食感に慣れるために、白米とブレンドしてみましょう。白米2合に玄米1合とか、白米と玄米を1合ずつとかにブレンドして炊いてみましょう。

土鍋で炊いてみよう
最近の炊飯器は機能も進化していて、玄米炊きコースがついているものもありますが、玄米を炊く特は、思い切って土鍋を使ってみませんか?土鍋を使ってご飯を炊く方法は、白米でもブームになっていますが、玄米を土鍋で炊くとふっくらとした食感になって、とても食べやすくなります。一人用の土鍋が販売されていますので、これを使うとほとんど毎食炊きたてご飯を食べることができます。

玄米粉を使ってみよう
玄米を炊く際のいちばんの難点は、30分ほど水に浸けておかなければならないという点です。忙しい主婦には、ここが少し面倒臭い点になります。そこで、あらかじめミルサーを使って玄米を粉にしておくと、いつでも思いついた時に調理することができます。三食だけでなく、おやつの時にも玄米を食べられるので、これは使うべき方法です。

発芽玄米を使ってみよう
「発芽玄米」とは、玄米から1mmぐらいの芽を発芽させたものです。たったわずかな発芽ですが、これにより玄米の最大の難点でした固さが無くなるので、あらかじめ水に浸しておく必要もなくなり、白米と同じように炊飯器で炊くことができます。もちろん土鍋でもOKです。価格は、ちょっと高級な白米と変わらないくらいですので、三食のうち一食に発芽玄米を使うと良いでしょう。

効果

「玄米」を食べることの効果には、さまざまなものがあります。

満腹感が得られる
玄米の最大の難点である「固さ」は、口の中で良く噛むことにつながります。そして、よく噛むことは、脳の中の満腹中枢を刺激し、たくさん食べなくても満腹感を感じるようになるのです。満腹感は、食べた量では無く噛んだ回数で決まる、というのも人間の身体の面白さですね。もともと「ひと口につき30回は噛もう」と言われてきていますが、柔らかい食材だとついついよく噛まずに飲み込んでしまいます。玄米はそれに対抗する良い手段となります。

便秘が解消される
玄米には多くの食物繊維が含まれています。食物繊維の効果は、言わずと知れた便秘解消ですね。玄米は、腸内の働きを良くしてくれる優れものです。

脂質や糖質の吸収を抑える
玄米は、白米を食べた時に比べると、食後の血糖値の上昇が緩やかです。そうすると、インシュリンの分泌も少なくなります。実はこのインシュリンがくせ者で、これがたくさん分泌されてしまうと、脂肪分解が妨げられてしまうのです。玄米を食べてインシュリンの分泌を少なくすることが、脂肪分解につながります。

快眠や美肌にもつながる
玄米の中でも発芽玄米には、睡眠の質を上げるGABAが白米の10倍、抗酸化作用のあるビタミンEがイチゴ11粒分と、豊富に含まれています。睡眠の質があがれば、熟睡している間に「痩せホルモン」は分泌されるので、ダイエットにつながります。もちろん、抗酸化作用により、美肌もゲットできます。

Sponsored Links

リバウンドリスクはあるの?

玄米を食べることだけでダイエットできたのなら、それは玄米に含まれる成分により、体調が健全に保たれているおかげからですので、玄米を摂るのをやめてしまうと、しばらくすれば元の状態に戻ってしまうでしょう。

毎日の食事を、太りやすくなる白米にわざわざ戻す必要はないでしょうから、そのまま玄米の食事は続けてみましょう。それと共に、筋肉量を落とさないような運動を加えて行くことも大切でしょう。

まとめ

ダイエット玄米
現代では、食品を美味しく、そして見た目もきれいにするためにいろいろな技術が発達しています。
それは、白米だけにとどまらず、小麦粉や砂糖、塩などの食品の加工にも使われていますが、そのせいで栄養価が下がってしまうとは皮肉なものです。

でも、あまり加工されていないものが栄養価の面で注目され始めると、それらを今度は食べやすくする技術が生まれていることも事実で、「発芽玄米」などはその代表でしょう。

ポソポソしていて固くて美味しくない玄米は、もうありません。あなたも、美味しい玄米を味わいながら、健康でダイエットした身体を手に入れましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ