ほうれい線を予防する方法は?原因と対処法を知り若返る!

女性であればだれでも「出来てほしくない!」「気になる!」のがほうれい線です。

人には言わなくても深刻な悩みになっている人もいるはずです。ほうれい線の原因と対処法を知って若返りましょう!

Sponsored Links

ほうれい線とは?

ほうれい線 予防
人の鼻の両脇から唇の両端まで伸びる線のことです。くっきり伸びた2本の線は老けた顔にみられてしまいます。

人に会うときに最初に顔を見られるので、深刻な悩みになりがちです。年をとると深く刻まれていくのがほうれい線ですが、若い人でもできているひとはいます。

女性の敵、ほうれい線解消方法!!

原因は?

ほうれい線ができる原因はいくつかあります。

水分低下
肌に必要な水分が低下すると、お肌のハリがなくなりたるみが生じてきます。赤ちゃんは水分たっぷりのお肌で潤いがあり肌がプルプルしていますが、年齢を重ねていくとハリやツヤがなくなってきます。やがてお肌も下がってきてほうれい線になってしまいます。

筋肉の衰え
年齢を重ねると顔の筋肉が衰え、脂肪も減って肌の弾力性もなくなってきます。顔の皮膚も衰えて下がってきます。そのため顔の溝が深く目立つようになります。

うまれつき
生まれつきの骨格や顔の筋肉の付き方が原因でほうれい線が目立ってしまう人がいます。やせ気味で、鼻が高く頬骨が目立つ人が、ほうれい線が目立つ傾向にあります。若い頃から目立ってしまい、悩んでしまう人もいます。

紫外線
コラーゲンとエラスチンは肌の弾力を維持する繊維ですが、紫外線を浴びるとこの二つの繊維が減っていきます。加齢も加わって、ほうれい線を作る原因となります。

首や肩の凝り
長時間のデスクワークやパソコン作業によって肩や首が凝ってくると、肩や首の血行が悪くなります。すると首から上に血液やリンパ液がたまり、重くなります。これが顔のむくみになります。重くなった皮膚は下に引っ張られてたるみが生じてきます。たるむとしわができます。これがほうれい線の原因になります。

対処法

口周りの筋肉を鍛える
「あいうえお」をゆっくりと各5秒ぐらいずつ大きく口を開けて発音します。これを3回繰り返します。また、ふぐのように頬を10秒間ふくらませます。朝晩やると効果的です。

口角から0.5㎝~1.0㎝少し外側に地倉(チソウ)というツボがあります。親指と人差し指もしくは人差し指と中指で左右同時に5秒間キュッと押します。心地よいと思うぐらいの強さで気持ち上に押し上げるのがポイントです。顔の凝りを解消して血流がよくなるので、ほうれい線に効果的です。

Sponsored Links

予防法

生活習慣を改善することでほうれい線を予防することができます。ポイントは姿勢・睡眠・運動・食事の4つです。

姿勢
猫背の人は首が曲がって頭の重みが顔にかかり、顔のたるみをまねきます。猫背解消には背中の筋肉を鍛えることが大事です。背中の筋肉を鍛えるストレッチやヨガなどが効果的です。
睡眠と運動:上質な睡眠や適度な運動は成長ホルモンの分泌を促してくれるので肌のハリを保ち、ほうれい線の予防になります。

食事
お肌を若々しく保つためには栄養のバランスに気を付ける必要があります。コラーゲンが足りないと保湿成分が足りず、肌が乾燥してしまいます。コラーゲンは牛すじ肉や手羽先、ふかひれ、シャケ、うなぎなどに含まれています。必須アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルなどはお肌のハリに大切な役割をもつコラーゲンの生成を助けてくれます。必須脂肪酸は魚や植物の脂に多く含まれています。

ほうれい線が消えた場合のメリット
見た目の印象が変わります。人の印象はあって2~3秒で決まるといわれています。ほうれい線がないとそれだけで若くてきれいな印象を持ってもらえます。またほうれい線を消すことで美しい肌をキープすることもできます。

まとめ

ほうれい線 原因
ほうれい線は一度できたらもう消えないとあきらめていました。
でも今回予防法も対処法も分かったので、さっそく始めてみようと思います。
ほうれい線を解消すれば、若々しいイメージも人に与えることができるし、なによりも美肌になれるのがうれしいです。ちいさな毎日の積み重ねが大きな結果につながるのですね。コツコツやって女子力アップしましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ