足首をダイエットする効果ある方法は?正しいやり方で痩せて結果を出す

ミニスカートにパンプスを履いている後ろ姿を見て、その足首がキュッと締まっているのが分かると、ホントにうらやましく感じてしまいますよね。

「そんなに太ってないのに、どうしてか、足首が締まってないんだよね~」という声を聞いたりすることもありますが、どうすれば足首がキュッと締まるのでしょうか。

今回は、憧れのキュッと締まった足首をゲットするテクニックを紹介しましょう。

Sponsored Links

足首だけダイエットするのは可能?

足首 ダイエット
人間の身体はつながっていますので、全身が痩せてくれば、自然と足首も細くなってきますが、「足首が細い」というのと「足首がキュッと締まっている」というのは、ちょっと違います。

せっかくなら「キュッと締まった足首」の方をゲットできた方がいいので、そのためにはふくらはぎから足首にかけての集中ダイエットが必要になります。

実はこれは、上半身がちょっと太めでも、足首に効果が出てくる、うれしいダイエットなのです。

効果のあるやり方

足首が細くない、最大の原因は、太っていることを除けば、まずは「むくみ」です。

「むくみ」を解消するためには、足先によどんだ血行を良くすることがいちばんです。

両足プルプル
脚のむくみがひどいと感じた時は、仰向けに寝て両足を持ち上げ、それぞれをプルプル揺らします。足先に溜まった老廃物を流しましょう。

足首回し
椅子に座り、右足を左足の太ももにの上に「4」の字を書くように乗せます。
左手の指を、右足の指に組むように入れて、右手で左足の足首をつかまえます。
ゆっくりと足首を回します。まずは左右それぞれ10回ずつから始めてみましょう。

足先マッサージ
足首の周りや、アキレス腱、そして足の甲と、親指の腹で押していきます。「痛い」と思った場所があったら、そこを軽く3~5秒ほど押してみましょう。痛い場所には老廃物が溜まっています。押すことで血行を良くして、老廃物を流してしまいましょう。「足首回し」や「足首マッサージ」は、お風呂の中でも良いですし、お風呂上りでも良いでしょう。もちろんそれ以外でも、テレビを見ながら、音楽を聴きながらと、手が空いた時に行うように心掛けましょう。常に刺激を与えて、足先に老廃物が溜まりにくい身体を作っていくことが大切です。

次は、日常的な動きの中で、足首に負荷を掛けて、足首を締める方法を紹介しましょう。

つま先歩き
階段を登る時や、ちょっとした時間歩く時などに、つま先立って歩きます。ただし、この時に気を付けたいのは、ふくらはぎに力を入れないことです。「えっ?ふくらはぎに力を入れないで、つま先立てる?」と思われた方、次の方法を試してください。おへそ下からお尻にかけて、ギュッと力を入れ、つま先立てるようにする。こうすることで、ふくらはぎに負荷がかかってムキムキ状態になることを防ぎ、かつ、ヒップアップもできます。最初はしにくいかもしれませんので、その場立ちから練習してみてください。なお、室内履きスリッパで、常につま先立ち状態になれる、かかとのないスリッパも販売されていますので、こういうものを使ってみても良いでしょう。

Sponsored Links

成功後のリバウンドリスクはあるの?

人の身体は常に変化しているものですから、たとえ一時期、足首がキュッと締まったとしても、そのまま何もしないでいると、その状態は維持できなくなってしまいます。

丹念に、毎日少しずつ、足首マッサージやつま先立ちを続けて行くことが、回り道のようでありながら、いちばんの近道になります。「継続は力なり」ですね。

まとめ

ダイエット 足首
頭の先からつま先まで、全身スレンダーになれると良いのですが、なかなかそういう訳にはいきません。そこで、少しでも痩せているという印象を与えることが出来るためには、「小顔」と「足首のくびれ」が必要になります。

「小顔ダイエット」については、他の記事で紹介していますので、それを参照にされてくださいね。

さあ、あなたも「小顔」と「くびれた足首」をゲットしてみてください。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ