マッサージダイエットは本当に効果があるの? 正しいやり方で痩せて結果を出す

「なぁんか。肩が凝って、身体全体が重いなぁ~」という時にお願いしたいのが、マッサージですよね。ホントにマッサージを受けると、すぐに身体が軽くなりますが、ではどうして、マッサージがそんなに身体に効果があるのでしょうか?

そして、その効果がダイエットにも及ぶとしたら、どうでしょうか?今回はそんな「マッサージダイエット」を紹介していきましょう。

Sponsored Links

マッサージダイエットとは?

マッサージダイエットとは
「マッサージダイエット」とは、マッサージをすることでダイエットが出来る、まさに一石二鳥のダイエット法です。

それでは、どこをマッサージすれば良いのか、という疑問がわいてきますが、いちばん狙う場所は「リンパ」です。リンパでは、血液の中に含まれる老廃物がこし取られます。リンパの働きを活発にすることが、ダイエットにつながるのです。

正しいやり方

「肩が痛い」「腰が重たい」などの身体の不調は、その器官に何らかの故障や病気が無い限り、「疲れの原因」となる「身体の老廃物」がそこに溜まって血流を滞らせるため、新鮮な酸素や栄養素が巡って来ずに発症してしまいます。

そこで、リンパを刺激して血流を改善すると、体内の循環が良くなり、老廃物も余分な脂肪分も排出してくれるのです。

では、その手順を示してみましょう。

お風呂上りが最適ですが、リラックスした状態の時ならいつでも良いです。

マッサージを始める前に、コップ1杯のお水を飲んでおきましょう。リンパ液を薄めて流しやすくするためです。

まずは上半身です。手の先から肩の方へ、手のひらを使ってさすります。さすり終わったら、今度は腋の下をもみほぐしましょう。両方が終わったら、今度は肩に手を置き、腕を回しながら肩を揉みほぐします。次に、耳の後ろから肩にかけて、人差し指・中指・薬指の三本で揉みながらおろしていきます。最後に、鎖骨のくぼみに人差し指と中指をおき、軽くマッサージしましょう。

次に、足先から膝まで、膝から足の付け根まで、両手で包み込むようにさすりあげていきます。脚の付け根までいったら、今度は両手の指を使って足の付け根をマッサージしましょう。

最後に、腹部にあるリンパを刺激します。おへそを中心に円を描くように両手の指先でマッサージしていきます。

効果

このようにマッサージを続けていくと、全身がポカポカし始めるのに気が付くと思います。それは、滞っていた血流が改善され、血行が良くなった証拠です。

では、血行が良くなることで現れる効果には、どのようなものがあるのでしょうか。

  • むくみが取れる
  • 身体のたるみが解消される
  • 血流が改善ざれることで、基礎代謝が上がる
  • セルライトを除去する効果もある
  • 便秘解消にもつながる
  • 冷え性が改善する
  • 健康的な身体になれる

このような効果を見れば、逆に「血流の滞りは、万病のもと」ということがわかりますね。

Sponsored Links

リバウンドリスクはあるの?

もし、「マッサージをしたら、ダイエット効果が出てきた」という人がいたとしたら、逆に言うとその人は、「マッサージをしなければいけないほど、身体の血流が滞っていた」ということになります。

マッサージをすることで、リンパ管が刺激を受けて、血行が良くなった訳ですから、もしここでマッサージを止めてしまうと、元のように血行が悪くなり、また全身に老廃物が溜まって行きかねません。

ですから、根本的に血行の良い身体にならないことには、いつまでもマッサージを続けないといけなくなります。

そのためには、マッサージをしながら、軽い運動やストレッチを取り入れ、身体の基礎代謝をさらに高くすることが必要になります。

また、食生活にも気を付け、血液がサラサラ状態になるような食品を摂ることも必要でしょう。

まとめ

マッサージダイエット効果
ダイエットをしなければならない身体になってしまう、ということは、体内への摂取量と消費量のバランスが崩れて、摂取量の方が上回り、体内に脂肪を含む老廃物が溜まってしまった状態を指します。

そのため、ダイエットを目指す基本的な方法としては、摂取量を減らすか、または消費量を増やすかのどちらかか、それとも両方とも頑張るかの3つの方法に絞られます。

でも、摂取量は自分でコントロールできても、消費量の方は、身体自身にお任せするしかありません。そこで、様々な方法でのサポートが必要になってくるのです。

今回の「マッサージダイエット」も、消費量を増大させるためのひとつの手段ですが、道具もお金もかからず、最も手軽な方法のひとつと言えるでしょう。

さて、あなたも今夜から、マッサージを頑張りましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ