太もものセルライト原因は?自分で除去する効果的な方法で綺麗で素敵な太腿!

「セルライト」というものを知っていますか?お腹やお尻、そして太ももに出来てしまうデコボコしたふくらみのことです。お腹やお尻が太っていることもイヤですが、セルライトが出来てしまうのはもっとイヤですね。

特に太ももにセルライトができていると、夏にショートパンツを履きたいのに、そのせいで履けなくなってしまいますね。

今回は、そんなイヤ~な太もものセルライトの撃退法をご紹介しましょう。

Sponsored Links

太ももセルライトの原因

太もも セルライト 原因
見ても触っても、気持ちの悪いセルライトですが、どうして、このうような物が出来てしまうのでしょうか?

まず、肥満が進んでくると、肝臓で処理しきれなくなった中性脂肪が血流に乗って、全身を巡るようになってきます。

ここで、運動をしたり、食生活の改善が行われると、血流内の中性脂肪も分解されてしまいますが、残念ながら肥満傾向の人では、そのようなことが行われず、中性脂肪は体内のあちこちの細胞内に溜まっていく一方になります。

そうすると、細胞のひとつひとつも脂肪細胞となって、どんどん肥大化していくことになってしまいます。この肥大化した脂肪細胞が、血管やリンパ管の血流を圧迫し始め、最後には詰まらせてしまうのです。

そこには老廃物が溜まり始め、それが脂肪細胞に変異を起こし、あのようなセルライトという形に現れてしまうのです。

病気リスクはあるの?

セルライト自身には、病気のリスクはありません。ただ、セルライトが出来るような状態に、身体が変化してしまっていることに、病気リスクが存在します。

セルライトが出来てしまう原因から、病気リスクを探ってみましょう。

脂肪肝
血流内に中性脂肪が流れているということは、肝臓が中性脂肪をうまく処理できていないということにつながります。いろいろな肝臓の病気が考えられますが、その中でも脂肪肝がいちばん疑わしくなります。脂肪肝とは、食事で摂った脂肪分が小腸で分解され脂肪酸になりますが、それが肝細胞に極限まで溜め込まれ、肝臓がその機能を果たせなくなってしまった状態を言います。このままの状態で放置していると、肝硬変や肝臓がんに進行し、命の危険も出てきます。

高脂血症
血流内に中性脂肪が多くなってくると、血管の詰りが生じてきます。そのため、血管の動脈硬化が徐々に進んでいき、最終的には心筋梗塞や脳卒中などの深刻な病気を招きます。

自分で除去する効果的な方法

血流の悪さがセルライトの根本的な原因となっていますので、血流を改善していくことが、セルライトを除去する最善の方法と言えます。

いくつか紹介してみましょう。

マッサージをしてみましょう
太ももの血流を改善するためには、マッサージが効果的です。お風呂上りが良いでしょう。足のむくみを取る方法と同じで、くるぶしから膝へ、膝から股関節へと両手の手の平で、優しく撫で上げていきましょう。
特にセルライトが出来ている部分は、細胞に溜まっている老廃物を押し出すように、丁寧にマッサージします。ふくらはぎや、太ももの裏に気付かないうちにセルライトが出来ていることもあるので、万遍なく足全体をマッサージすることが大切です。

セルライト除去クリームを塗ってみようセルライト除去クリームが販売されていますので、マッサージをする際に、そのクリームを使うとマッサージ効果がアップします。

Sponsored Links

ツボを刺激してみよう
ツボを刺激すると、血行が良くなり、代謝もアップします。そうすると、細胞内に蓄えられてしまった脂肪分を減らしてくれます。これがセルライトの除去につながります。

肥満を解消しよう
上記の方法で、今できているセルライトを除去することに成功しても、肥満傾向が解消されていなければ、また他の場所にセルライトが発生する危険性があります。せっかくセルライトの無いキレイな太ももをゲットできたなら、それを維持するために肥満の解消に努めましょう。

まとめ

 原因 太もも セルライト
太ももに限らず、お腹周りやお尻などの身体の部位にセルライトが出来てきているということは、身体が「これ以上、肥満物質を摂り込まないでくれ!」と叫び声をあげている、という事実に耳を傾けましょう。

あなたの身体の健康を守るのは、あなた自身です。身体の叫び声に真摯に耳を傾けることが、健康な生活を送るための第一歩と言えるでしょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ