ドローイングダイエットは本当に効果があるの?正しいやり方で痩せる

ダイエットを実行する際に、食事のメニューに気を付けて、一日の摂取カロリーを減らす事は大切ですが、それだけではリバウンドしない健康的なダイエットは出来ません。

もうひとつダイエットに必要なものは運動です。運動によって、体内に溜まった脂肪を燃焼し、全身の筋肉量を増やして基礎代謝量をアップさせ、リバウンドしにくい身体を作ることが、正しいダイエットと言えます。

でも、運動するって言っても、なかなか億劫ですよね。シューズやウエァを揃えたり、運動後にはシャワーを浴びなきゃいけなかったりして、時間や場所にいろいろと拘束がかかってしまいます。

そんなあなたにおススメなのが、ドローイングなのです。この運動は何と1回30秒!そんなもので痩せることなんて、出来るのでしょうか?徹底検証です。

Sponsored Links

ドローイングダイエットとは?

ドローイングダイエット効果
「ドローイングダイエット」とは、腹式呼吸をしながら、お腹周りの筋肉=インナーマッスルを鍛えて、ダイエットにつなげる方法のことです。

インナーマッスルとは、上腕二頭筋や大胸筋などのような、身体の表面近くにあるアウターマッスルと対称となる筋肉で、身体の奥深いところにあるので、深層筋と呼ぶこともあります。

これらの筋肉には、身体を支え安定させる機能があり、ここを鍛えることで身体全体のバランスが良くなります。

身体のバランスが良くなると、身体の歪みから生じていた筋肉の凝りや血液の詰まりが解消されて、全身の血流の流れが良くなります。そのため基礎代謝量が上がり、ダイエットにつながるというものです。

正しいやり方

まずは、腹式呼吸がポイントです。通常私たちは胸で呼吸をしていますが、腹式呼吸とはお腹を使って呼吸をすることです。次にやり方を説明してみましょう。

  • 椅子に座ったままや、立ったままでも構いませんが、背筋をしっかり伸ばし、正しい姿勢をしましょう。
  • 鼻からゆっくり息を吸い込みます。吸い込みながらお腹を膨らませていきます。
  • もう吸い込めない状態になったら、今度は口からゆっくりと吐き出します。息を少しずつ小出しにして、なるべく時間をかけます。最低、吸う時の倍の時間はかけましょう。
  • 息を吐きながら、お腹をへこましていきます。
  • 息を吐ききったところで、そのままお腹をへこましたまま、息を30秒止めます。

この①~⑤がひとつの流れです。空いた時間があったら、積極的にしてみましょう。

ここでいくつか注意点があります。

満腹時にはやらない~お腹をへこます動作ですから、満腹時にすると気分が悪くなることもあります。満腹時は避けましょう。

続けて何回もやらない~息を止める動作がありますので、何回も続けてすると、酸欠状態になってしまうこともあります。間をおいてするようにしましょう。

息を止めている時に、お腹の筋肉を意識しましょう。意識することでインナーマッスルが鍛えられます。

効果

「ドローイングダイエット」のいちばんの効果は、お腹周りに現れてきます。徐々にですが、お腹周りが縮んでくるでしょう。それ以外にも次のような効果が期待できます。

基礎代謝がアップ
酸素をたくさん吸うことで、細胞のすみずみにまで酸素が行き渡り、細胞の働きが活発になって基礎代謝が上がってきます。

むくみが解消
むくみの原因は、老廃物や水分がうまく排出されずに体内に溜まることですから、ドローイングをすることにより、血液の流れが良くなるので、老廃物が体外に排出されむくみが解消されます。

冷え性が改善
冷え性の原因は、手足の先の毛細血管まで、血液が十分に流れていないことですので、ドローイングにより血液の流れが良くなると、自然に冷え性も改善してきます。

Sponsored Links

リバウンドリスクはあるの?

正しいやり方を行い、インナーマッスルが鍛えられ基礎代謝量が上がってくると、リバウンドリスクはほとんど無いでしょう。

ただし、その途中でやめてしまうと、何の効果もありません。ダイエット目的ばかりでなく、身体の健康を維持するためにも、ずっと続けるべきものでしょう。

まとめ

効果 ドローイングダイエット
ドローイングの目的は、腹式呼吸により身体に十分な酸素を入れることと、その時にインナーマッスルに刺激を与え、鍛えて行くことです。

運動するための場所も道具もいらず、ほんの数十秒で出来るダイエット法ですから、これを使わない手はありませんね。

ウォーキングやジョギングをしている人も、このドローイングを加えると、さらに効果アップします。ぜひみなさんで、「はい、吸って~、ゆっくり吐いて~、はい、止めて」をしてみましょう

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ