下腹部をダイエットする効果的な方法はコレ!ポッコリお腹を解消する

体重が増えてくると、目についてくるのが下腹部のポッコリ。実は、この下腹部ポッコリは、太っている人だけの特権では無く、やせ形の人でも「そんなに脂肪は付いていないのに、下腹だけはポッコリなの~」って言う人も、意外に多いものなのです。

今回、この「下腹部ポッコリ」にどう対処したら良いか、徹底究明してみましょう。

Sponsored Links

下腹部がポッコリする原因

下腹部 ダイエット
「下腹部ポッコリ」が太っている人だけに現れる現象でしたら、基本的に痩せてしまえば解消するでしょうが、痩せている人にも「下腹部ポッコリ」の人がいるのなら、肥満以外の原因が考えられます。

それは、まず便秘です。まさに、太っていても痩せていても関係ない原因ですね。便秘になって下腹部がポッコリとなってしまうのは、当然といえば当然のことです。

次に考えられるのは、筋力の低下です。どのような筋力かと言うと、いわゆる腹筋です。内臓は腹膜と言う膜に囲まれ、その腹膜もそして内臓も筋肉で作られていますが、腹筋をはじめとするこれらの筋肉の力が弱ってくると内臓を支えきれなくなり、内臓が垂れ下がってくるために、下腹部がポッコリしてしまうのです。

この下垂には、胃が垂れる胃下垂、腸が垂れる腸下垂、そして内臓全体が垂れる内臓下垂がありますが、いずれにしても下腹部ポッコリの原因となります。

下腹部をダイエットする効果的な方法(食事編)

では、この「下腹部ポッコリ」を解消するのには、どうしたら良いでしょうか。

まずは、食生活の面から見てみます。食生活が原因で、下腹部ポッコリになるのは、何といっても便秘ですね。そこで、便秘解消に役立つレシピを紹介しましょう。

デトックスダイエットウォーター
〈材料〉
シナモンスティック 1/2本 りんご・オレンジ 1/4玉ずつ 淡彩水500cc
〈作り方〉
①りんご・オレンジは、3~5mmの暑さに切る。
②フタ付カップに、材料を全部入れて、冷蔵庫で3時間以上冷やす。
③2、3日は炭酸水だけをつぎ足していけば良い。
※朝起きがけに飲むのがポイント。

お医者様推奨レシピ
〈材料〉
納豆 1パック キムチ・玉ねぎ 適量  オリーブオイル 大1~2杯
〈作り方〉
①玉ねぎはみじん切りにして、水にさらしておく
②すべての材料を混ぜて、いただく。
他にもたくさん、便秘解消レシピがありますので、検索してみてください。

Sponsored Links

下腹部をダイエットする効果的な方法(運動編)

便秘が解消してもまだ、下腹部ポッコリなら、今度は身体の中の筋力アップを図らないといけません。では、手軽にできる筋力アップのエクササイズを紹介しましょう。

朝起きた時
①仰向けのまま、両膝を立てて合わせる。②そのままゆっくり右側へ倒す。③ゆっくり起こしてきて、今度は左側へ倒す。④真ん中に戻す。
※①~④で1セットで、6回行います。できれば膝は床に付けず、浮かしたままで。

時間がある時に
①椅子に腰かけ、下腹部に力が入っていることを意識しながら、両膝を少し浮かせる。②両肘を曲げて、胸の高さまで上げる。③息を吐きながらゆっくり右へウエストをねじった後息を吸い、今度は左側へ息を吐きながらゆっくりとねじる。④足を床に戻す。
※①~④で1セットで、空いた時間に一日6セット行います。

テレビを見ながら
①床に座って膝を抱えたまま、背中を倒していく。②キツイと思ったところで20秒静止。
※20回繰り返します。腹筋に力が入っていることを感じるように。

じっくりと時間をかけて
一般的に行われる自転車こぎに、腹筋を強くする運動をプラスしたものです。①床に仰向けに寝て、腰に手を添えながら足先を真っ直ぐにあげていく。②自転車をこぐように、左右の足をゆっくり交互に30回動かす。③足先を頭の先の方まで倒し、腹筋に力が入っていることを意識しながら10秒伸ばす。
※①~③で1セット。1日3セットを目安に。

まとめ

ダイエット 下腹部
下腹部ポッコリ解消のための運動を見て、何か気が付きませんか?

そうです、以前紹介した体幹トレーニングと似ていますね。いえ、似ているのではなく、下腹部ポッコリを解消するための運動と、体幹トレーニングは、腹腔内の筋肉を鍛える、と言う点で全く同じものなのです。

ですから、このような運動を続けていると、自然と基礎代謝が上がってくるようになり、いつの間にか全身が痩せていた、ということになるでしょう。

もちろん、痩せていた人はそのままでしょうが、きっと筋力がアップして、ただ痩せているだけでは無くメリハリのある身体に変わっていることでしょう。

さぁ、あなたも下腹部ポッコリにサヨナラ!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ