女性下腹部痛みの原因は?右と左の違いと病気リスクを確認する

女性にとって下腹部の痛みや違和感は、毎月の生理のため、ある意味、慣れていることもあって、あまり重要視しない傾向になります。

でも「また、いつもの痛みか~」と思ってそのままにしておくと、大変なことになる場合もあります。

今回は、下腹部の痛みに隠されているその原因と、対処法を探りましょう。

Sponsored Links

下腹部が痛くなる原因

女性下腹部痛み
女性の下腹部が痛くなる原因のトップは「生理痛」でしょう。これは、ほんとに個人差があり、一生のうち一度も感じたことが無い人もいれば、毎月、のたうち回るような痛みを感じる人もいます。

これは、生理の時に子宮内膜をはがすためのホルモンの過剰分泌や、冷えやストレスが原因で起こりやすくなってきます。

病気ではないので、生理の時期が終わると自然と痛みは無くなっていきますが、いつまでも痛みが治まらない場合や、生理では無い時に起こる下腹部痛には、病気が原因となっている場合もありますので、気を付けなければなりません。

右下腹部痛みの原因

右下腹部の強烈な痛みと発熱といえば、男女問わず、急性虫垂炎いわゆる盲腸を疑ってよいでしょうが、今回は女性特有の病気を挙げてみましょう。

卵管炎(右側)
卵管は、卵巣から子宮へ毎月卵子が通る管で、左右にあり、毎月交互に卵子が運ばれています。そこに細菌が入り、炎症を起こしたものが卵管炎です。軽いうちは、何も気が付きませんが、症状が進むと下腹部に鈍痛が起こります。さらに悪化すると、発熱や下腹部全体に痛みが広がりますので、病院を受診しましょう。

右卵巣のう腫茎捻転
卵巣の中にのう腫ができると、その重みで子宮とつながっている部分がねじれてしまい、そのせいで痛みが起こります。完全にねじれて血流が遮断されると、激痛に変わります。右側の痛みは盲腸と間違われやすいくなります。

子宮外妊娠
精子と受精した受精卵が、本当は子宮内に着床しなければならないのに、何かのきっかけにより卵管内などで着床し、受精卵が大きくなってくことで、その器官に無理が生じ痛みとなって現れてきます。受精卵が着床した場所が痛みますので、右側の場合もあります。

左下腹部痛みの原因

卵巣も卵管も左右対称にあるため、上記の卵管炎、卵巣のう腫茎捻転、子宮外妊娠もいずれも、左側で起こる可能性もありますので、それ以外の病気をあげてみましょう。

子宮筋腫
子宮内に発生する、基本的に良性の筋腫です。ただその大きさが大きくなってくると、下腹部に鈍痛を感じたり、妊娠・出産の妨げとなってくる場合もありますので、婦人科での診察が必要となってきます。

子宮内膜症
本来は、子宮の内側にある子宮内膜が、卵管内や腹腔内で増殖と剥離を繰り返すようになる病気です。この剥がれ落ちた物が腹腔内に溜まると、炎症を起こし痛みを発症します。

Sponsored Links

対処法

一般的な生理痛でしたら、下腹部や腰周りを温めることで症状は緩和していきます。あるいは、鎮痛剤を服用することもよいですが、本当の原因である病気を隠してしまうこともありますので、生理痛用の鎮痛剤は、漢方薬を基調とした血の巡りを良くものを服用しましょう。

これを飲んでも、痛みが治まらないということは、生理痛以外の原因があると考えられます。

病気リスクはあるの?

生理痛が頻繁に起こり、慣れっこになっている人でも「あれ?今回の痛みは何か違う~」と感じた時には、すぐに婦人科を受診することをおススメします。

痛みを我慢していて悪化させてしまうと、不妊症になってしまったり、流産しやすい体質になってしまうこともあります。

受診の際は、最初に婦人科に行き、異常がないとわかってから、内科を受診した方が安心です。最初に内科へ行ってしまうと、胃腸の病気と診断され、婦人科の病気が見逃されてしまうこともあるからです。

まとめ

下腹部痛み女性
女性の身体は敏感で(男性の読者の方、ごめんなさい)、特に子宮、卵巣といった下腹部に集中している器官は、まず「冷え」に弱く、それから「ストレス」にも弱くなっています。

けれども、女性がこの部分を大切にしてくれないと、妊娠・出産という、人類にとっても大きな仕事が出来なくなってしまいます。

「たかが下腹部痛、されど下腹部痛」として、その痛みを軽く見過ごさないで、健康な身体を目指しましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ