足しびれの原因は?病気との関係を探り健康を守る!

痛くないけど不快な足のしびれ。しびれは神経症状の一つです。正座の場合は血行不良が原因ですが、それ以外のしびれでは、病気との関係が心配な場合があります。

しびれについての基礎知識を学んで健康維持に役立てましょう。

Sponsored Links

足しびれの原因

正座足痺れ
足がしびれるのはいくつか原因があります。

骨や脊髄神経の病気が原因の場合、老化による体の機能の低下や筋肉・腱などの疲労によるもの、末梢神経の障害や圧迫によるもの、血流が滞って起こるもの脳や中枢神経の障害などがあげられます。

しびれは大きく分けて三つの症状に分けられます。触ったときの感覚や熱い冷たいという感覚が鈍くなる感覚低下の状態、足に力が入りにくくなる足のマヒ感覚、正座をしたときのジンジンする感覚がおこる感覚異常です。

腰痛 足がしびれる

病気との関係

骨や脊髄神経の病気が原因の場合
一般的に手足のしびれの原因の多くが骨や脊髄神経の病気が原因です。病気としては、頚椎・腰椎椎間板ヘルニア 頚椎症 腰部脊柱管狭窄症 などがあります。脊髄神経を囲む骨格が変形して脊髄神経を圧迫することが原因でしびれ感や感覚障害が発生します。坐骨神経痛の場合は腰の痛みやお尻からすね、ふくらはぎから足にかけて鋭い痛みやしびれが発生します。腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因で圧迫されて、刺激を受けるのが原因です。足がひどく痛んで、歩けなくなることもあります。

末梢神経の障害が原因の場合
末梢神経が障害をうけることでしびれが発生する病気です。糖尿病やギランバレー症候群などがあげられます。症状としては「ぴりぴり」「じんじん」といった痛みとしびれが左右の手足に現れます。糖尿病の場合には、高血糖により毛細血管の血流不足になり、末梢神経の感覚が鈍くなることが原因と言われていますがはっきりした原因は今のところ、不明です。さらに神経障害が進行してしまうと、感覚がなくなってしまう事もあるので、できるだけ早く病院で治療を受けましょう。

脳や中枢神経の障害が原因の場合
脳や中枢神経が障害をうけてしびれを感じます。脳梗塞の場合は片側の足先だけのしびれが起こる事があります。ほかに失語症や言語障害なども伴う事があります。ゆっくり下半身におきてくるしびれは脳腫瘍や脊髄腫瘍が考えられます。いずれにしても早急に病院を受診しましょう。

しびれた場合の対処法

正座が原因の場合は足の血行不良が原因なので、足のマッサージが有効です。しびれた足の親指を手で軽くマッサージしましょう。また足を投げ出した姿勢でリラックスしていれば数分で治ります。

坐骨神経痛が原因の場合は、あまり無理をせずに安静にしていましょう。しびれに良いストレッチをしたり、お風呂にゆっくりつかって、血流を良くするのも効果があります。

Sponsored Links

病院での治療が必要な時は?

2~3日で消えてしまうしびれはあまり心配ありません。

しかし、何度も同じしびれがおきるときや、一週間近くもしびれが続いている、しびれが強くなってきて範囲も広くなってきている、しびれのほかに歩きにくい、あるいは力が入りにくいという症状がある、足の片側だけに急激に起こり、靴下をはいている感じがする、などの場合はできるだけ早く病院に行く必要があります。

まとめ

しびれと一口に言っても原因が一つとは限りません。いつからどのようにどの部位に起こったのか、他に症状はあるのかどうかということも大事なポイントになります。

しびれは体が送ってくれる重大なメッセージです。単なるしびれと思っていたら全身や脳の疾患だったということもありえます。放っておいたら重症化してしまうことさえあるのです。いつもと様子が違うと思ったらできるだけ早く病院に行きましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ