魚ダイエットで痩せた噂が続出!正しいやり方で効果と結果を出す

お魚が身体に良いことは、ずいぶん前から言われていることですよね。

「魚、魚、魚~、魚を食べると~」という音楽が、スーパーのお魚コーナーで流れているのを聞いたことがある人もたくさんいるでしょう。

DHAやEPAなど、血液サラサラ成分もたくさん含まれているお魚ですが、さて、そのお魚がダイエットに効果あり、とはどういうことでしょうか?

お魚好きの私には、うれしい話題ですので、早速チェックしてみましょう。

Sponsored Links

魚ダイエットとは?

 効果 魚ダイエット
「魚ダイエット」とは、一日一食は魚料理を食べることで、ダイエットにつながるという、まさに目からウロコのダイエットです。

その理由は、特に青魚に多く含まれているDHAやEPAという成分の中には、私たちの身体に欠かすことのできない必須脂肪酸のひとつである「オメガ3脂肪酸」というものが含まれており、これが健康と美容にとても役立つ働きをしてくれることにあります。

成功している噂が多い理由

「魚ダイエット」にチャレンジするような方は、おそらくお魚好きの方でしょうから、その成功率が上がるのは当然でしょう。

刺身に、焼き魚に、煮魚にとレシピを考えるのも楽しく、気がついたら体重が減っていた、というのが実情ではないでしょうか。楽しくできるダイエットが、成功率を上げる秘訣です。

正しいやり方

「魚ダイエット」は、一日一食はお魚を食べればよいダイエットなので、その基本を押さえておけばよいでしょう。

ただ、どのお魚でも食べていい、という訳ではありませんので、いくつかレシピを紹介しながら、確認してみましょう。

食べて良い魚
ぶり、さば、さんま、いわし、さわら、あじなど

焼き魚で食べよう
お魚料理の基本は、焼き魚です。できればグリルなどを使うと、余分な脂が落ちて美味しくいただけます。ダイコンおろしやレモンの薄切りなどを添えると風味が増します。

煮魚で食べよう
お魚の中でも、頭や目の後ろの部分にDHAやEPAが豊富に含まれています。この部分は焼き魚では食べにくいので、煮魚で食べましょう。特にぶりのアラ煮は、部位も大きくたっぷり食べることができますので、おススメの一品です。単品で煮てもよいですが、ダイコンや豆腐を加えても美味しくいただけます。

臭みが気になる方は、しょうがの千切りを加えたり、ざく切りにした深ねぎを加えると気にならなくなります。いわしやあじなどは、一匹のまま丸ごと煮ます。薄い砂糖醤油味に味付けしますが、梅干をひとつ加えると爽やかさが増します。さばは味噌煮がおススメです。どの料理の場合も、じっくり煮て骨まで食べられるようにすると、カルシウムも摂れます。

魚フライは厳禁
せっかくカロリーの低いお魚を食べるのですから、それを揚げ物にしてしまうと、元も子もありません。かえってカロリーオーバーになってしまうので、魚フライは避けましょう。

当然なことですが、新鮮なものを
DHAやEPAは脂の形ですので、長い時間酸素にさらされると酸化してしまいます。このようなものを食べると、かえって身体に害がありますので、魚は新鮮なものを選びましょう。

適度な運動も忘れずに
目的はダイエットですので、ただお魚を食べるだけではなかなか効果は現れません。必ず適度な運動を取り入れて、筋肉を付け、脂肪を燃焼させましょう。

Sponsored Links

リバウンドリスクはあるの?

お魚を毎日コンスタントに食べ続けることに適度な運動を加えることで、ダイエットに成功したとしたら、その生活を続ける限り、リバウンドリスクは無いでしょう。


健康的に痩せてきているわけですから、身体の基礎代謝もあがってきているはずです。目標体重を達成できたからと言って、お魚を食べる習慣をやめる必要はありません。

ダイエットだけでなく、生活習慣病の予防にもお魚を食べることは有効ですので、ぜひ続けていきましょう。

まとめ

魚ダイエット 効果
明治維新以降、牛肉などを食べる習慣が入ってきたのですが、それまでの日本人はもともと、お米と野菜とお魚を食べていました。

今、ダイエットの敵のように言われているお米ですが、それをたくさん食べていても太った人が少なかったのは、お魚も一緒にたくさん食べていたからではないでしょうか。それも、タイなどの高級白身魚では無く、イワシやサバなどの大衆魚でした。

いつも思うことですが、青魚を始めとして、お豆腐、納豆、夏のウナギに、冬場の鍋料理など、昔から日本に伝わってきている食材が、健康にもそしてダイエットにも良いことが、科学的に証明されています。

世界的にも「和食」が認められてきていることからも、私たち日本人も「和食」に立ち返る時期に来ているのかもしれません。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ